ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(13年12月)④―ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデン「ジルヴェスター・コンサート」
12月30日午前10時すぎ、ICE1545でライプツィヒからドレスデンへ。午後1時頃、宿泊先であるibis Dresden Basteiにチェックイン。安定したクオリティは安心だが、コストパフォーマンス的には可もなく不可もなく。

午後2時すぎ、聖母教会を見学し、Altmarkt Gallery地下のフードコートでアジアンフード(焼きそば)を食す。ドレスデンはレストランに恵まれていないこと、街中に屋台がたくさん存在し、アジアンフードの店も相当数定着していること、連日のドイツ料理で胃腸が疲れていたことから、ドレスデンに到着する前から心は決めていたが、味も悪くなく、胃腸が癒された。ホテルに戻り、仮眠。

20131230-01

午後7時前、ゼンパーオーパーへ。クリスティアン・ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデンによるジルヴェスター・コンサート。ゲストにルネ・フレミングとクラウス・フロリアン・フォークトを迎え、20世紀前半に作曲されたドイツ・オーストリアのオペレッタや映画音楽及びウェスト・サイド・ストーリーをはじめとするアメリカ音楽の名作が採り上げられた。

20131230-02

20131230-03

筆者が確保した座席は、2列目中央。一般発売開始後に劇場のオンラインチケットをチェックしていたら、たまたまこの場所が一つだけ空いていたので、即買いした。劇場内は、右を見ても左を見ても後ろを見ても日本人多数。代理店の営業力はなかなかなものである。

20131230-12

20131230-10

20131230-11

プログラム前半は、ドイツ・オーストリアのオペレッタや映画音楽を8作品。最初に演奏されたパウル・リンケの喜歌劇「グリグリ」序曲では、弦楽器の前列と後列の間にレスポンスの温度差があり、凝縮度が今ひとつであった。また、続くハンス・メイの「歌がひとつ、世界を巡る」では、この日、不調であったフォークトの歌唱が全くの不発で、気まずい雰囲気に。しかし、フレミングにより歌われたロベルト・シュトルツの「君こそは我が心と魂の君」で、会場の空気が入れ替わり、その後は、曲の進行とともに、一体感が高まってゆくのが感じられた。エドゥアルト・キュンネケの「どこかのいとこ」間奏曲では、生真面目なドイツ風の演奏であったが、ティーレマンが煽ると、ドイツ人としての血が騒ぎ出し、重戦車が猛進するかのような迫力があった。そして、エドゥアルト・キュンネケ「私はただの貧しい旅職人」とロベルト・シュトルツ「二人のハートはワルツを刻み」では、柔和なニュアンスに富んだ歌唱とこれに寄り添うオーケストラの音色が絶品であった。レオ・ロイクス「星々は瞬く」において弦楽器が醸し出す気品に富んだ艶やかさは、弦楽器冥利に尽きる。パウル・アブラハムの「ハワイの花」で、フォークトと合唱の包み込むような歌唱により、会場内の空気がよい感じで緩むと、前半の締め括りは、パウル・リンケの「ベルリンの風」。定番中の定番であり、客席のノリは良かったが、演奏者側がやや醒めていて、そこそこの盛り上がりにとどまった。この曲に関しては、ベルリン・フィルのヴァルトビューネの印象が強いので、ついつい比べてしまう。シュターツカペレ・ドレスデンによる演奏には、細かいフレージングの端々に職人的な味わいが感じられ、作品を鑑賞するという意味では、甲乙付けがたいが、作品の性格上、盛り上がってナンボという面もなくはない。

20131230-04

20131230-06

プログラム後半は、アメリカン・プログラム。ドイツ人によるドイツ人のためのドイツ的な演奏。「アメリカのドイツ人」という表現がピタリと当てはまる。色気も揺らぎもなく、またリズム感に多分に違和感を覚えるが、生真面目に頭拍をカウントする頑固な演奏スタイルで聴くジャズやミュージカルも、ドレスデンのジルヴェスターであることを踏まえると、悪くはないだろう。最初に演奏されたガーシュインの二作品及びバーンスタインのウェスト・サイド・ストーリーから「マリア」に関しては、肩の力が抜けない堅苦しさがあったが、フレデリック・ロウによる「マイフェアレディ」から「夜通し踊っていたかった」で、フレミングが冴え渡る演技力と表現力で観客を沸かせると、バーンスタインのウェスト・サイド・ストーリー「トゥナイト」による締め括りに至るまで、温かい雰囲気でステージが進行した。

20131230-13

アンコールとして用意されたのは、事前に発表済みの四曲。リヒャルト・タウバー「あなたは私の世界」におけるフォークトの渾身の歌唱には、会場内から大喝采が湧き上がる。これには、不調であることを苦々しく感じていたはずの本人も救われたのではなかろうか。続く二曲では、フレミングの巧みなステージングで大いに盛り上がり、最後はヨハン・シュトラウス2世「ザクセン甲騎兵行進曲」で堂々と幕が閉じられた。

20131230-14

20131230-15

この日の立役者はフレミングである。役者としての表現力、そしてステージング能力の高さは、天才的だ。華のあるチャーミングな立ち振る舞いは、とても若々しく、年齢を全く感じさせない。高音を甲高く張る箇所では、年齢相応に若干の緩みも瞬間的に垣間見られたが、それを立て直す底力が半端なく、普通に聴いていたら気がつかなかったであろう。また、不調のフォークトも、歌っている姿にはそうした様相を覗かせることはなく、前向きに少しでも良い歌を届けようという真摯な気持ちに溢れていて、観客の共感を呼んでいた。フレミングとのデュエットを最も楽しんでいたのは、フォークトかもしれない。

ティーレマンは、いつものティーレマン節全開。フレミングが歌っているときなど、フレミングの方に顔を接近させすぎて、今にも野獣が歌姫に襲いかかるのではないかという有様。「トゥナイト」では、愛を語り合う二人のツーショットに、横からティーレマンの顔がヌーっと出てくるので、観ているこちらが吹き出していまいそうであった。ともあれ、全般的に、仕込みの達人ティーレマンらしい演奏で、その計算高さが嫌らしいが、絶妙なタイミングでの煽りに天性も感じられ、人気の秘密が窺われた。とりわけ、歌に合わせるときの捉え方が、数学でいうところ微分積分の発想に近いところがあり、こういう分析的・積算的な感性がドイツ的な作風や演奏スタイルの根源にあるのだろうと勝手に納得した。

20131230-16

シュターツカペレ・ドレスデンによるアンサンブルは、弦楽器による細かいパッセージには不安がよぎるが、歌に合わせたり、演劇的なムードを盛り上げたりするセンスには長けており、シンフォニー・オーケストラとの違いは歴然としていた。生真面目で面白みに欠ける面もあるが、ティーレマンとの相性もよく、ジルヴェスター・コンサートとしては成功していたのではなかろうか。

ドレスデンの街は、午後10時には寝静まろうとしていた。こうなるとホテルのバーに行くくらいしか選択肢はない。翌朝が早いため、終演後はホテルに直帰して、一杯引っ掛けた後、すぐに就寝。


(公演情報)

Silvester Konzert der Staatskapelle Dresden
Montag 30.12.13 20 UHr

Christian Thielemann Dirigent
Renée Fleming Sopran
Klaus Florian Vogt Tenor
Sächsischer Staatsopernchor Dresden
Einstudierung: Pablo Assante

《Programm》
Paul Lincke (1866-1946)
Ouvertüre zur operette »Grigri« (1911)

Hans May (1886-1958)
»Ein Lied geht um die Welt« aus dem gleichnamigen Film (1933) (Klaus Florian Vogt)

Robert Stolz (1880-1975)
»Du sollst der Kaiser meiner Seele sein« 2 aus der operette »Der Favorit« (1916) (Renée Fleming)

Eduard Künneke (1885-1953)
Intermezzo aus der »Tänzerischen Suite« für eine Jazzband und großes orchester op. 26 (1929)
»Ich bin nur ein armer Wandergesell« aus der operette »Der Vetter aus Dingsda« op. 13 (1921) (Klaus Florian Vogt)

Robert Stolz
»Zwei Herzen im Dreivierteltakt« aus gleichnamigem Film (1930) bzw. gleichnamiger operette (1933) (Renée Fleming, Klaus Florian Vogt)

Leo Leux (1893-1951)
»Es leuchten die Sterne« aus dem gleichnamigen Film (1938)

Paul Abraham (1892-1960)
»Blume von Hawaii« aus der gleichnamigen operette (1931) (Klaus Florian Vogt, Sächsischer Staatsopernchor)

Paul Lincke
»Berliner Luft«, Marsch aus der gleichnamigen operette (1904) bzw. der operette »Frau Luna« (1899 / 1922)

George Gershwin (1898-1937)
»The Lorelei« aus dem Musical »Pardon My English« (1933) (Renée Fleming, Sächsischer Staatsopernchor)
ouvertüre zum Musical »Strike Up the Band« (1927)

Leonard Bernstein (1918-1990)
»Maria« aus dem Musical »West Side Story« (1957) (Klaus Florian Vogt)

Frederick Loewe (1901-1988)
»I Could Have Danced All night« aus dem Musical »My Fair Lady« (1956) (Renée Fleming)

George Gershwin
»Dancing in the Streets« aus »Pardon My English« (Sächsischer Staatsopernchor)

Kurt Weill (1900-1950)
»Foolish Heart« aus dem Musical »one Touch of Venus« (1943) (Renée Fleming)

Leonard Bernstein
»Tonight« aus »West Side Story« (Renée Fleming, Klaus Florian Vogt)

ZUGABEN
Richard Tauber (1891-1948)
»Du bist die Welt für mich« aus der operette »Der singende Traum« (1934) (Klaus Florian Vogt)

George Gershwin
»Fascinating Rhythm« aus dem Musical »Lady, Be Good!« (1924) (Renée Fleming)

Irving Berlin (1888-1989)
»Anything You Can Do« aus dem Musical »Annie Get Your Gun« (1946) (Renée Fleming, Klaus Florian Vogt)

Johann Strauß Sohn (1825-1899)
Sachsen­Kürassier­Marsch op. 113 (1852)
スポンサーサイト
[2014/01/02 19:52] | 海外視聴記(ドレスデン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
欧州行き(11年5月)⑤
5月30日午前、夕方のフライトまで時間があるので、隣町のマイセンへ小旅行。

行きは、エルベ川を下るクルーズで、2時間かけてのんびりと。新緑に覆われた丘や、高台にそびえ立つ古城などをぼんやり眺めつつ、しばしの休息の時をすごした。

マイセン到着後、街のシンボルでもある大聖堂に行くと、ちょうどオルガン演奏が始まるところであった。20分間のミニコンサートで演奏されたのは、Schumann, Camillo、Schumann, Georg、Herbert Gadschという3人の作曲家の作品。後半は、曲自体の完成度の点でいまいちとの印象を拭えなかったが、ともあれ、街の教会でオルガンの響きに耳を傾け、心の落ち着きを得ることができた。

blog20110530-01

ドーム広場のビアガーデンで、ホワイトアスパラガスのサラダとビール2杯(ヴァイスとアルトラガー)。丘の上で飲むビールは美味い。ホワイトアスパラガスも今回が食べ納めと思い、ドイツ人以上に真剣に食べた。

マイセンからの帰りは、ドイツ国鉄でドレスデン市内へ。
ホテルで荷物をピックアップして、ドレスデン空港へ。こじんまりとしていて、日本の地方都市の空港に近い雰囲気がある。

ドレスデン空港からは、LH215便でフランクフルトへ、そしてNH210便に乗り継いで成田へ。またもやエコノミークラスは、ほぼ満席。子供連れも多く、幼児の泣き声が止まない。

成田到着後、リムジンバスでオフィスに向かい、残務処理を行う。
[2011/05/31 18:22] | 海外視聴記(ドレスデン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
欧州行き(11年5月)④―フィッシュ指揮 ゼンパーオーパー 「タンホイザー」
5月29日朝、ドイツ国鉄在来線特急にてドレスデンへ。やはり陸路での移動は、ストレスが少ない。

この日の宿泊は、エルベ川沿いのホテル・アム・テラッセヌーファー。4つ星ゆえ、部屋は広くて快適。日曜日の宿泊であったためか、手頃な価格にもかかわらず、最上階の見晴らしの良い部屋に案内された。部屋からは、エルベ川沿いの街並みを一望できた。

旧市街を散策し、聖十字架教会の近くのゲンゼディープへ。スープとソーセージを頂く。典型的なドイツ料理だが、味は上々。調子に乗って、昼からビールを2杯(ピルス、ヘーフェヴァイスドゥンケル)。

いい気分でホテルに戻り、しばしの仮眠の後、午後4時過ぎにゼンパーオーパーへ。この日の演目は、ドレスデン国立歌劇場公演「タンホイザー」。ドレスデン音楽祭の演目の一つに位置づけられている。事前のアナウンスでは、ペーター・シュナイダーが指揮をするはずであったが、アッシャー・フィッシュが代役を務めた。筆者の事前の調査によれば、シュナイダーは、この期間、ほぼ並行してウィーン国立歌劇場「サロメ」の指揮をすることにもなっており、ダブルブッキングではないかとの疑念が拭えない。

この日の座席は、4.Rang Reihe 3 Platz 40、最上階最後列の正面やや右側である。この座席の場合、オーケストラピットや舞台上手側前方の視野は妨げられるが、美しい天井の装飾とともに、オーケストラピットから湧き上がるサウンドを存分に楽しめる。

blog20110529-01

さて、ゼンパーオペラは、タンホイザーが初演された劇場であり、ワーグナーとのゆかりも深い。筆者はワグネリアンではないので、細部の評価はできないが、レパートリーの再演であるにもかかわらず、この日の上演は、大変充実したものであったと感じた。

blog20110529-02

第一に、オーケストラと合唱が地味に上手い。上演に携わるメンバー全員が作品の隅々まで熟知していることが手に取るようにわかる。ヴァイオリンの後ろのプルトを辛うじて観察することができたが、まさに職人であり、またワーグナーの世界を心から愉しんでいる様子を窺うことができた。個人技という意味では、スーパースターを揃えたオーケストラよりも若干見劣りするかもしれないが、セクションとしてのまとまりや、全体としてのアンサンブルという観点からは、他の追随を全く許さない。ゼンパーオーパー特有の陰影を伴った響きとともに、劇場は、これぞワーグナー、というサウンドで埋め尽くされた。客席数1300席ほどという劇場サイズも適正だ。

第二に、この日は、歌手陣のバランスもよく、安定して鑑賞することができた。タンホイザー役のジョン・フレドリック・ウェストは、声量も大きく、タンホイザーという役柄を踏まえつつ、全体を通して、よく歌っていた。エリーザベト役のカミラ・ニュルンドやヴォルフルム役のマルクス・ブッターは、若干線が細いようにも思われたが、秀逸な歌唱と演技を示していた。ヴェーヌス役のティチーナ・ヴォーンも十分な存在感をみせた。その他のキャストは、可もなく不可もなく。印象に残らなかったが、作品の性質上、それでも別に構わないのかもしれない。なお、タンホイザー役のウェストに対しては、観客全体の反応は冷たく、ブーイングを浴びせる客も1名いた。爆走系が裏目に出て、一本調子と受け取られたのだろうか。

なお、今回は、コンヴィチュニー演出のパリ版に基づく上演であったが、これはこれでありだと思った。数箇所ほど音楽の流れと不釣合いなネタが挿入される点で、若干の違和感を感じることもあったが、観ていて分かりやすいし、必要以上に重苦しくならないので、気楽に楽しむことができる。代役を務めた指揮のアッシャー・フィッシュも、若々しく溌剌とした音楽を描き、コンヴィチュニー演出の方向性ともよくコラボしていた。

blog20110529-03 blog20110529-04

一つ残念だったのは、老若男女問わず、観光気分丸出しの輩がそれなりにいて、上演中のひそひそ話が絶えなかったこと。ウィーンのオペラ座に比べれば、まだましだが、どうにかならないものだろうか。

終演後、オペラ座近くのアルテマイスターというレストランで、アスパラガスのスープと、チキンの胸肉のお料理を頂いた。ミシュランにも載っているようだが、完全にミスチョイスだった。スープは塩っぽくて味わいがない。チキンはソースに苺とレッドペッパーのアクセントを加えたものだが、この四つが全くかみ合ってない。類似のアイデアは、他のレストランでも経験したことはあるが、今回のものとは天と地ほどの差がある。

早々に引き上げ、ホテルのバーで若干飲み直しをし、日付が変わる前に就寝。


(公演情報)

Tannhäuser
29 May 2011 05:00 pm - 09:15 pm
Grand romantic opera in three acts by Richard Wagner. In German language.
Running time 4 hours 15 minutes
Premiere 29 Jun 1997

Musical Director: Asher Fisch
Staging: Peter Konwitschny
Set Design: Hartmut Meyer
Costume Design: Ines Hertel
Choir: Pablo Assante
Dramaturgy: Werner Hintze

Landgraf Hermann von Thüringen: Jan-Hendrik Rootering
Tannhäuser: Jon Fredric West
Wolfram von Eschenbach: Markus Butter
Walther von der Vogelweide: Tom Martinsen
Biterolf: Tilmann Rönnebeck
Heinrich der Schreiber: Aaron Pegram
Reimar von Zweter: Tomislav Lucic
Elisabeth: Camilla Nylund
Venus: Tichina Vaughn
Ein junger Hirt: Christiane Hossfeld
Erste Edelfrau: Beate Siebert
Zweite Edelfrau: Ute Siegmund
Dritte Edelfrau: Barbara Leo
Vierte Edelfrau: Claudia Mößner

Staatsopernchor
Sinfoniechor Dresden e.V.
Sächsische Staatskapelle Dresden
[2011/05/31 18:21] | 海外視聴記(ドレスデン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。