ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ウィーン途中降機(年末年始11-12年)②―ビーブル指揮フォルクスオーパー「こうもり」
12月31日午前、NHウィーンエアポートホテルを出て、市内へ。宿泊先であるホテル・アム・パークリングにチェックイン。荷物を整理し、メトロでウィーンフォルクスオーパーへ向かう。演目は、年末年始恒例の「こうもり」。客席には、観光客もたくさんいるが、家族連れなどの地元客も多く、リラックスした空気が流れていた。

20111231-01

筆者の座席は、Galerie Rechtsの1列目。ほぼ中央で、全体を把握するには丁度良いポジションである。小ぶりな劇場ゆえ、舞台との距離も近く、一体感を感じさせる居心地の良さがある。

20111231-02

この日の「こうもり」は、娯楽としてのオペレッタの王道を行くオーソドックスな上演。いい具合に肩の力が抜けていて、このゆるさが心地よい。特に第二幕以降は、客席からは、コメディないしお笑いを鑑賞しているようなノリで、爆笑の渦が幾度となく湧き上がっていた。オペレッタは、本来これで良いのである。

もっとも、上演としての完成度は、申し分ないレベルにあった。オーケストラも合唱も、また各役者の演技も、相当にゆるゆるなのに、舞台が弛緩することがないのは、さすがである。

各役者は、台本に沿った当たり前の演技をしているにすぎず、それらの中にウケを狙った変な小細工は含まれない。にもかかわらず、演技の一つひとつで爆笑を誘えるのは、大胆かつ明快で、直球勝負の演技だからであろう。やり過ぎに至る一歩手前で収めるバランス感覚も素晴らしい。真剣勝負のコメディアン魂が感じられた。

演技だけではない。各役者の歌唱も、実に安定していて、キラっと光るものが感じられる。フォルクスオーパーは、この年末年始はトリプルキャストを組んでいるが、これだけのクオリティでキャスティングできるこの劇場のポテンシャルは、なかなかなものだ。

20111231-04

オーケストラは、ソフトかつ軽やかなタッチで、舞台を支える。身体に染み込んだオペレッタのリズム感がとても自然。コントラバスがリードするウィーン風のワルツやポルカは、この街でしか聴くことができない。フォルクスオーパーの音響と相まって、弦楽器の柔らかさも魅力的であった。我を張ることなく、舞台の引き立て役に徹しているが、指揮のルドルフ・ビーブルとの絶妙な呼吸の下、職人技の数々が冴えていた。

20111231-03

コメディで緩め、音楽で引き締める。でも、リラックスしたムードは、絶やさない。ウィーンのもう一つの顔であるフォルクスオーパーの雰囲気を味わうには最適な公演であった。

20111231-05

20111231-06

終演後は、まっすぐホテルに戻り、夜のジルベスターコンサートに備える。


(公演情報)

Die Fledermaus
Operetta from Johann Strauß
Saturday 31. December 2011
Begin at: 13.30 Uhr

Dirigent / Rudolf Bibl
Szenische Neueinstudierung / Heinz Zednik

Gabriel von Eisenstein / Sebastian Holecek
Rosalinde / Ursula Pfitzner
Adele / Anja-Nina Bahrmann
Ida / Klaudia Nagy
Dr. Falke / Julian Orlishausen
Prinz Orlofsky / Alexandra Kloose
Alfred / Vincent Schirrmacher
Iwan / Stefan Tanzer
Frank / Josef Luftensteiner
Frosch / Robert Meyer
Dr. Blind / Gernot Kranner
スポンサーサイト
[2012/01/03 22:08] | 海外視聴記(ウィーン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ウィーン途中降機(年末年始11-12年)③―ヤンソンス指揮ウィーンフィル「ジルベスターコンサート」 | ホーム | ウィーン途中降機(年末年始11-12年)①―メスト指揮ウィーン国立歌劇場「死者の家から」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/102-5f897c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。