ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
インバル指揮都響―第733回定期演奏会「ショスタコ10番」ほか
4月20日午後7時前、東京文化会館へ。エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団による第733回定期演奏会。2012年度楽季Aシリーズの開幕である。

筆者の座席は、5階席R1列中央付近。最も音響の良いといわれているポジションであり、筆者自身も日頃から可能な限りこの付近の座席を確保している。久しぶりに訪れた5階席は、音の分離がクリアでありつつ、程よい一体感も味わえ、申し分ない環境であった。

プログラム前半は、辻井伸行を独奏に迎え、ショパンのピアノ協奏曲第1番。

響きの土台のしっかりした都響サウンドに支えられ、辻井の独奏が実に映えた。こういう曲でも手を抜かず、安定したサポートができる都響は、さすがである。第一楽章後半の序奏動機が反復される箇所で緊張感が若干薄まったこと、第三楽章の舞曲風の伴奏型でヴァイオリンに若干の綻びが見られたこと、第三楽章のトランペットの高音域がはまらなかったことを除くと、申し分ない完成度であった。

筆者は、辻井の生演奏に接するのは、今回が初めてであったが、世の中で騒がれるだけの素質があることを再認識することができた。くっきりとした輪郭の中に、キュッと詰まった芯が感じられ、何よりも音色の立ち上がりが素晴らしい。音色に一点の曇りもなく、どこまでもピュアである。そして、聴き手の心をつかんで離さないのが、懸命に音楽に立ち向かう辻井の姿勢。社会に揉まれた大人には決して醸し出すことのできない純粋さといえよう。

もちろん、音楽的な観点からは、即興性があまり感じられず、事前に仕込んだことの再現にすぎないと評価することもできるかもしれない。しかし、少なくともこの日の演奏には、そういったマイナスを跳ね返すほどに力強い意思が漲っていたことは確かだ。これだけの才能に溢れているのであるから、周囲の大人たちは、商業主義に走ることなく、辻井に対して、もう少し時間と余裕を与え、じっくりと勉強する機会を提供すべきではないかと感じた。

プログラム後半は、ショスタコーヴィチの交響曲第10番。D-S-C-Hという「ショスタコーヴィチ動機」で有名な名曲である。

こうして実演に接してみると、ショスタコーヴィチの作品が弦楽器を主体とした古典的なオーケストレーションに基礎を置いていることが手に取るように実感できる。インバルは、都響の弦セクションの持ち味ともいえる適度な厚みと幅を巧みに操りつつ、ショスタコーヴィチに特徴的な強靭なリズムと旋律のうねりを加え、各楽章のキャラクターを鮮明に描き出していた。どんなに煽られても、音が荒れることがなく、緻密さと格調の高さを保ち続けられるのは、実力の現れといえようか。ごく稀に響きに隙間が感じられる瞬間があったような気もしたが、さすがにそこまで求めるのは酷といえるかもしれない。

管楽器に関しては、総じて善戦していたが、長い音符で強奏する場面で、金管セクションを中心に、音色が濁ってしまったのは、この日の演奏における最大の汚点であった。木管セクションも、フォルティシモでは、サウンドが十分にコントロールできていなかったようだ。このあたりの響きがもう少しまとまり、個々の楽器から発せられる倍音が溶け合うと、オーケストラ全体の響きに色彩感が加わり、最高の演奏になったであろう。ちなみに、第一楽章において複数回挿入されるトロンボーンのコラール風な動機に関しては、聞かなかったことにする。

ともあれ、全体としては、造形が明快で、メリハリの効いた素晴らしい仕上がりであったことは確かだ。下手な芝居をせず、純音楽的に、真正面から直球勝負を挑むインバルと都響の魅力が存分に発揮された名演であった。


(公演情報)

第733回 定期演奏会Aシリーズ

2012年4月20日(金)19:00開演
会場:東京文化会館

指揮:エリアフ・インバル
ピアノ:辻井伸行

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ホ短調
スポンサーサイト
[2012/04/20 23:50] | 国内視聴記 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<カンブルラン指揮読響―第548回名曲シリーズ「フランク/交響曲」ほか | ホーム | レ・ヴァン・フランセ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/118-9b6066fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【インバル指揮都響―第733回定期演奏会「ショスタコ10番」ほか】
4月20日午後7時前、東京文化会館へ。エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団による第733回定期演奏会。2012年度楽季Aシリーズの開幕である。筆者の座席は、5階席R1列中央付近。東京文化会館で最も音響の良いといわれているポジションであり、筆者自身も日頃から可能な限り?...
[2012/04/21 00:00] まとめwoネタ速suru
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。