ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(12年8月)④―アルミリアート指揮アレーナ・ディ・ヴェローナ「アイーダ」
8月12日、午前中はヴェローナ市内を散策。カステルヴェッキオやサンノゼ教会を巡り、ホテルに戻る。

午後7時前、夕食を摂るべく、昨日に引き続き、La Taverna di via Stellaへ。プロシュットとアマローネのリゾットをアマローネの赤ワインと共に。最高の組み合わせである。

8月11日午後8時半すぎ、アレーナへ。この日の演目は「アイーダ」。昨日よりは来場者が多く、客席は5割程度は埋まっていた。アレーナ・ディ・ヴェローナの「アイーダ」ともなると、観客の期待は自ずと高まるのだろう。会場内は開演前から十分な高揚感に包まれていた。なお、ツボを押さえた地元イタリア人らによる掛け声や煽りの数々は、言い得て妙であり、感心させられたが、これを真似しようとした間の悪い観光客らによるものは、見事なまでに滑っていて、逆に場を白けさせてしまっていた。

20120812-01

20120812-02

さて、筆者の座席は、舞台下手側スタンドの2列目。前日の座席とは、舞台を挟んで反対側に位置する。ヴァイオリンに近づいたため、全体の響きとしては、前日よりもバランスよく聴こえてきた。ただ、この日はPAの効果が相当強く感じられ、生の声を愉しむというオペラ本来の醍醐味はほぼ失われてしまっていたのが残念であった。

20120812-04

この日、指揮台に立ったのは、マルコ・アルミリアート。フレーズの歌わせ方に無理がなく、しやかな旋律美を堪能させてくれる一方で、要所ではテンポやリズムをすっきりと引き締めるので、音楽の運びはとてもスムーズだ。現場で歌手や各演奏者から発せられる様々なベクトルの中から最大公約数的な収束点を見出す技術に長けており、余計なストレスを感じさせることもない。音楽的な充実度に関しては、昨年聴いたダニエル・オーレン指揮による演奏とは天と地ほどの違いがあった。正統派の「アイーダ」像を基調にしつつも、厚ぼったくならず、全体をスタイリッシュにまとめた秀演であったといえる。

20120812-08

なお、この日は、第二幕終了後の休憩中に小雨がぱらつき、開始に遅れが生じたため、第三幕に関しては、舞台上もオーケストラピット内も、集中力が失われてしまっていたが、第四幕では、本来の安定感が取り戻され、幕切れに至るまで流れは悪くはなかった。

キャスト陣の中では、アイーダ役のルクレシア・ガルシアは、強弱の歌い分けが明快で、音程も安定しており、安心して聴くことができた。第三幕では若干の疲れが見られたが、第四幕では持ち直し、十分に合格点がつく仕上がりであった。他方、ラダメス役のヴァルテル・フラッカーロは、声は通るものの、音程をずり上げるような歌い方に終始し、リズムも音程もぐしゃぐしゃ。アムネリス役のエカテリーナ・セメンチュクも、声量は大きいが、音程が不明で、聴いていてストレスが溜まった。アモナズロ役のアンブロージョ・マエストリは、出だしでは、安定感のある滑らかな歌唱で会場を魅了するも、最大の見せ場である第三幕では、逆に力が入ってしまい、音程が上ずり気味になってしまっていた。ランフィス役のマルコ・スポッティは、威厳のある歌い方だが、響きが小粒で、アレーナ・ディ・ヴェローナの舞台のスケールに負けてしまっていた。全体として見ると、欧州の歌劇場のルーチン公演でよく見受けられるような可もなく不可もなくといった出来栄えで、筆者がアレーナ・ディ・ヴェローナに期待する「アイーダ」像からは程遠かった。

オーケストラに関しては、毎年繰り返し上演しているだけあって、圧倒的な安定感を誇る。予定調和的にアンサンブルを組み上げて行くポテンシャルの高さは、さすがといえよう。コーラスの迫力も十分。1913年の音楽祭開幕当時の演出の再現版による舞台は、現代においても全く新鮮味を失っていない。アレーナ・ディ・ヴェローナの音楽祭の歴史の重みを感じさせる舞台であった。

20120812-05

20120812-06

20120812-07

20120812-09

20120812-10

201200812-11

20120812-13

20120812-14

20120812-17

20120812-18

201200812-19

20120812-22

20120812-24

20120812-25

20120812-26

20120812-27


(公演情報)

Aida
Giuseppe Verdi

12 August 2012 - at 21:00 - Arena

Conductor: Marco Armiliato
Director: Gianfranco de Bosio

Interpreters
The King: Andreas Macco
Amneris: Ekaterina Semenchuck
Aida: Lucrecia Garcia
Radames: Walter Fraccaro
Ramfis: Marco Spotti
Amonasro: Ambrogio Maestri
High Priestess: Cristina Sogmaister
A messenger: Antonello Ceron
Lead Dancer: Alessia Gelmetti
スポンサーサイト
[2012/08/20 19:33] | 海外視聴記(ヴェローナ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<欧州行き(12年8月)⑤―ロッシーニ音楽祭―クラッチフィールド指揮「バビロニアのチーロ」 | ホーム | 欧州行き(12年8月)③―バティストーニ指揮アレーナ・ディ・ヴェローナ「トゥーランドット」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/140-cde8cacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。