ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
インバル指揮都響―第741回定期演奏会「マーラー①」
9月20日午後7時前、東京文化会館へ。エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団による第741回定期演奏会。マーラーの「さすらう若人の歌」と交響曲第1番をセットにしたプログラムである。

筆者の座席は、5階席R1列中央付近。この日は、新マーラー・ツィクルスの初日ということもあり、会場内はほぼ満席の盛況ぶり。純粋にマーラーの音楽を愉しもうという落ち着いた聴衆が多かったように見受けられた。

プログラム前半は、小森輝彦を独唱に迎え、「さすらう若人の歌」。演奏時間14分のシンプルな歌曲だが、内容は濃い。耳に馴染みのある旋律の数々も、人間の声と素朴なハーモニーにより語られると、味わい深く感じられる。

さて、この日の小森の独唱は、高音部で力みが出てしまうなど、必ずしもベストとはいえなかった。筆者の座席で聴くと、ここぞというところで、響きの厚みが不足気味に感じられた。ドイツリート特有の包み込むようなふくよかさを共有するには、東京文化会館の空間は大きすぎたかもしれない。オーケストラは、室内楽的でまとまりがよく、安定感があったが、テンションが低く、音色がへこみ気味になる箇所が散見されたのが残念。

休憩を挟み、プログラム後半は、交響曲第1番「巨人」。

第一楽章の序奏部は、パート間のつながりがいま一歩で、緊張感を十分に演出しきれない。舞台裏のトランペットのファンファーレが転んだのが痛かった。提示部の反復後に多少体温が上がったように感じられたが、展開部は煮え切らない印象で、仮に狙っていたとしても、中途半端さは拭えなかったように思われる。再現部に入ると、オーケストラはようやく目覚め、いつもの都響らしいまとまりが生まれてきたが、噛み合わせの悪い箇所もそれなりにあり、アンサンブルは完璧とはいえなかった。

アタッカで突入した第二楽章は、かなり速い野性的なテンポ感で、それ自体は別に構わないが、管楽器が奏する主題冒頭の付点四分音符をきちんと保つことができないなど、音楽的な落ち着きの悪さも露呈していた。中間部は、インバルらしい濃厚な語り口がオーケストラに徹底されており、面白く聴くことができた。

第三楽章は、コントラバスの独奏が抜群の仕上がりで、カノン風の主題の重なり合いがサウンドに奥行きをもたらす。中間部のエッジも効いており、仕上がりは上々であった。

第四楽章は、インバル&都響の真骨頂ともいうべき、堂々たる力演。荒っぽいところもそれなりに見受けられたが、トータルで見て許容範囲内といえよう。とりわけエネルギーと推進力に満ちたクライマックスは、仕事でボロボロに疲れ切った筆者の身体に元気を注入してくれた。

全体を通じ、インバル節が板についており、一つの解釈として完成されていた点に感心させられた。音色の密度の高さ、フレーズのつながりの明快さ、立体感は、インバルと都響が培ってきたこれまでの共同作業の賜物である。

終演は午後8時40分。自宅に直帰し、明日までに仕上げなければならない仕事の数々との格闘を始める。


(公演情報)

第741回 定期演奏会Aシリーズ

2012年9月20日(木)19:00開演
会場:東京文化会館

指揮:エリアフ・インバル
バリトン:小森輝彦

曲目
【新・マーラー・ツィクルス①】
マーラー:さすらう若人の歌
マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
スポンサーサイト
[2012/09/20 22:41] | 国内視聴記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<スクロヴァチェフスキ指揮読響―第518回定期演奏会「トリスタンとイゾルデ(オーケストラル・パッション)」 | ホーム | 高関指揮都響―第740回定期演奏会「日本管弦楽の名曲とその源流」(松平&ベリオ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/146-929ff54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。