ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
カンブルラン指揮読響―第524回定期演奏会「マラ6」
3月19日午後7時前、サントリーホールへ。シルヴァン・カンブルラン指揮読売日本交響楽団による第524回定期演奏会。マーラーの交響曲第6番「悲劇的」が採り上げられた。

筆者の座席は、いつもの指定席である1階席通路より少し前のセンター。来シーズンは2階RBブロックに席替えをしたため、この場所に座るのは今回が最後となる。

先週末から数えて3回目となるこの日の演奏は、カンブルランの解釈とテンポ感が板につき、良い意味で安定していた。筆者の中では、マーラーの交響曲第6番は、交響曲第7番と並んで、掴みどころのない作品という印象であったが、第一楽章から第四楽章まで、一貫した音楽として、真直ぐに受け止めることができたのは、カンブルランの卓越した分析力と構成力ゆえのことであろう。作品全体が腑に落ちるという貴重な体験をすることができた。

ところで、カンブルランと並び、この日の名演を生み出した立役者は、来シーズンからコンサートマスターへの就任が決まっているダニエル・ゲーデである。頭では分かっているものの、こうして実演に接すると、コンサートマスターが変わるとここまで音色が化けるのかと驚かずにはいられない。弦楽器セクションからはウィーン・フィルのような香りの片鱗が垣間見られたし、オーケストラ全体の響きもまろやかにブレンドされて客席に届いて来た。後述のとおり、ゲーデとその他の弦楽器奏者とのボウイングのレベルの差があまりにも歴然としていて、聴衆として白けてしまう瞬間も多々あったが、ともあれ、ダニエル・ゲーデと日下紗矢子という素晴らしいコンサートマスターを迎えるのであるから、最近やや低迷気味の読響弦楽器セクションも本腰を入れて欲しいものである。

さて、演奏の方だが、この日は、読響の技術的なキャパシティに照らすと、110%くらいの仕上がりであったと思われる。普段は汚点になりやすい木管セクションも良くまとまっていたし、ホルン、トランペット、チューバもほぼノーミスで、安心して聴くことができた。

第一楽章は、クリアな輪郭の中に、ソフトな響きが見事にはめ込まれた演奏。スコアに描かれたパッセージの一つひとつが、そのままの姿で、飾ることなく活き活きと語りかけてくる様子には、目を見張るものがあった。また、エッジの効いた合いの手が、旋律を邪魔することなく、鮮やかな演奏効果をもたらしていたのも、素晴らしい。素材の魅力がそのまま浮かび上がるよう、リハーサルにおいて音の処理を徹底するとともに、本番演奏中も、その成果を百発百中で確実に引き出すカンブルランのアウフタクトは、神業といえる。なお、全楽章に通ずるが、ヴァイオリンを対抗配置にしつつヴィオラとチェロ・コントラバスを逆転させる変則的な並び方や、左右のステレオ効果を意識した管打楽器のポジショニングが、見た目だけに終わらず、きちんと効果を発揮していた点にも感心させられた。

第二楽章では、冒頭からゲーデが神がかっていた。筆者の視線もゲーデに釘付けであった。筆者は、今年に入ってから、キュッヒル、ホーネック、ゲーデというように、ウィーン・フィルの名立たるコンサートマスター、ないしその経験者のボウイングを間近に接してきたが、今回のゲーデを観察していて、ウィーン・フィルに脈々と受け継がれているフレージング、そしてそれを実現するためのボウイングに秘められた法則性を具体的に認識できるようになった。右手の力加減、弓のスピード、置き方、放し方など、全てが合理的であり、オーソドックスである。一音一音を適切に鳴らすための準備が完璧になされており、動きに全く無駄がない。力任せに押し付けたり、感情に流されて軸がぶれたり、制御不能になってバタバタしたりする瞬間はゼロ。こういう弾き方ができるコンサートマスターは、世界中を探しても数えるほどしかいないのではないかと思う。

第三楽章は、散らかってしまいやすい曲だが、各部分のつなぎが絶妙にコントロールされており、多彩な表情を織り込みつつ、スケルツォとしての一体感と緊張感が見事に保たれていた。明るく軽やかに立ち上がるスタッカートの音色は、聴いていて爽快であった。

第四楽章では、全てが有機的に結びつき、音楽として昇華した瞬間であった。緻密な積み上げにより導かれる理性的な劇性は、オペラ指揮者カンブルランの独壇場であり、音楽的な完成度が極めて高い。そして、異様なまでの緊迫感の中で撃ち落とされた二発のハンマーは、音楽の密度がさらに高めることにも成功した。この高揚感は日本人の特長の一つであり、海外のオーケストラからは得難いものといえる。クールな印象のカンブルランとゲーデも、クライマックスでは横顔を多少紅潮させていたように見受けられた。末尾のトロンボーンによるコラール風掛け合いが若干ふらついてしまったのが残念。

噂には聞いていたが、期待以上の演奏であった。筆者が客席から観ていた印象としては、この日の演奏では、カンブルランの頭の中にあった半分くらいしか音として実現していなかったのではないかと思われる。それにもかかわらず、技術的な限界を超え、強い説得力を持って聴衆の心にダイレクトに迫ってくるという現実を直面すると、世の中に氾濫する感情過多な演奏スタイルは、所詮は自己満足の延長でしかなく、むしろマーラーのスコアに秘められた可能性にあえて蓋をしているのではないかと思えてくる。スター的な指揮者がもてはやされる現代において、こういう輝きを発することのできる職人肌のマエストロは、実に貴重だ。来シーズンのさらなる盛り上がりに期待したい。


(公演情報)

第524回定期演奏会
2013年3月19日(火) 19:00開演

会場:サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
マーラー:交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」
スポンサーサイト
[2013/03/20 00:02] | 国内視聴記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<リットン指揮都響―第748回定期演奏会「プロコ4番ほか」 | ホーム | 下野指揮読響―第523回定期演奏会「ブル5」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/178-f5a081c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。