ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
東京・春・音楽祭2013「ファルスタッフ」
3月30日午後6時前、上野学園石橋メモリアルホールへ。東京・春・音楽祭―東京のオペラの森2013―「ファルスタッフ」を観劇した。

2010年に改築された石橋メモリアルホールは、500席ほどの中ホールで、高い天井と、広めのステージの背後に設置されたパイプオルガンが特徴的。今回は、ステージ中央にピアノを置き、その周囲を舞台として活用するというセミコンサート形式で上演された。筆者の座席はI列上手側で、客席全体の中では真ん中に位置する場所であったが、このホールが持つ豊かで柔らかい残響は、今回のようなセミコンサート形式でのオペラ上演では、言葉のクリアさを阻害してしまい、いまひとつ相性が悪い。ステージ上の立ち位置によってムラが生じ、PAによる音場調整が響きに硬さをもたらすなど、音響面でややストレスを感じてしまった。このホールでは、むしろピアノ独奏や室内楽を鑑賞したい。

キャスト陣には、二期会や藤原歌劇団の実力派が並び、ファルスタッフ役の吉川健一を中心に、バランスのよい配役であったといえよう。なかでも、クイックリー夫人役の牧野真由美がなかなかの存在感を発揮し、舞台全体を引き締めていたのが印象的であった。いうまでもなく、クイックリー夫人は、ストーリーの展開を握るキーパーソンである。他方で、フォード役の石崎秀和とフェントン役の倉石真の歌唱にやや硬さが窺われたのが少し残念。なお、アンサンブルに関しては、歌手間で温度差を感じることもあり、一体感が醸成されにくい場面もあったが、一期一会的な今回の企画では、難しさもあったのであろう。

舞台全体の印象としては、第一幕では多少のボタンの掛け違いがあったように思えたが、第二幕以降は音楽的にも演技的にもよく練られた仕上がりで、満足度の高い上演であった。アンサンブルの難所も、卒なくクリアし、うまくまとまっていた。第一幕最後の九重唱、第二幕最後の九重唱、第三幕第一場や第二場前半は、アンサンブル・オペラの魅力を存分に味わえる面白さが感じ取れた。実演に接すると、この作品の音楽的完成度の高さに改めて感銘を受ける。他方で、第三幕最後のフーガでは守りに入った感があり、劇場全体が沸き立つような興奮を覚えるほどには至らなかった。指揮者が不在で、ピアノ伴奏による上演となると、やむを得ないのかもしれない。

演出に関しては、変化のあるわかりやすい舞台構成になっており、これならば初めて観る人でも十分に愉しめる。ただ、笑いを得るために仕組まれた小細工がわざとらしく映る場面も散見され、この辺は筆者の好みとは合わなかった。細かく演技が付されていたが、音楽的なニュアンスと一致していないことがあり、不自然さを助長する結果となっていたようにも感じられた。なお、客席内の通路も舞台として使い、各役者に動き回らせることは、今回のような制約の大きい中では、一定の効果を発揮していたと思われるが、少しやりすぎであったように感じた。また、舞台中央でストーリーが進行している際に、その背後で脇役に忙しく動き回らせるというのも、喜歌劇ではよく見られる手法だが、このサイズの舞台では、目障りなだけではなかろうか。最終的には好みの問題ではあるが、筆者個人としては、この作品では、ドタバタ劇としての側面を強調するよりも、全体を写実的に捉えてシンプルに見せる方向を採りたい。その方がヴェルディの楽譜としっくり合うと思う。

ところで、今回の上演では、演出家自身による長い解説が各場面の上演の前に挿入されたため、本来であれば、休憩を入れても2時間半で終わるはずのところ、3時間半も要してしまった。字幕なしという制約ゆえの緊急避難的な策と予想されるが、場面ごとに長々と解説をされると、舞台全体のスピード感や緊張感が失われてしまう。観客へのサービスのつもりが裏目に出てしまったように感じられた。そもそもこの日の来場者は、一見して関係者とわかる人々ばかりであり、オペラに馴染みのない人は、ほとんどいなかった模様であるから、解説は不要であったのではなかろうか。

ともあれ、オペラ上演の一つのあり方として、勉強になる部分も多く、またヴェルディの素晴らしさを見直すきっかけにもなったという意味で、得るものの大きい舞台であった。


(公演情報)

東京・春・音楽祭2013
《ファルスタッフ》 ~ヴェルディ最後のオペラ

2013年3月30日(土)18:00開演
上野学園 石橋メモリアルホール

ファルスタッフ:吉川健一
フォード:石崎秀和
フェントン:倉石 真
医師カイウス:児玉和弘
バルドルフォ:小山陽二郎
ピストーラ:加藤宏隆
アリーチェ(フォード夫人):大山亜紀子
ナンネッタ:馬原裕子
クイックリー夫人:牧野真由美
メグ(ペイジ夫人):淀 和恵
ピアノ:マウリツィオ・カルネッリ
構成・演出:田口道子
スポンサーサイト
[2013/03/31 00:46] | 国内視聴記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<マゼール指揮ミュンヘンフィル―2013来日公演① | ホーム | リットン指揮都響―第748回定期演奏会「プロコ4番ほか」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/181-9a38bc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。