ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(13年4月)①―ガーディナー指揮ロンドン響「ストラヴィンスキー」
4月25日午前1時すぎ、NH203便にて羽田からフランクフルトへ。LH900便に乗り継ぎ、ロンドンへ向かう。今回は奮発してビジネスクラスを利用。やはりエコノミークラスとは全く疲労感が違う。

この日のロンドンは、初夏のような陽射しで、少し歩くと汗ばむほど。こんなに良い天気は、年に数回もないのではなかろうか。午前9時すぎに宿泊予定のパーク・グランド・ロンドン・ハイド・パークに到着するも、ホテル側の事情により、近くにあるザ・シャフツベリー・プレミア・ロンドン・パディントンに回されてしまった。しかも割り当てられた部屋は地下の狭い部屋。窓はホテル内の廊下に面しており、窓すらも開けられない。これで4つ星はあり得ない。到着早々、ひどい仕打ちである。

日中は仕事等を済ませ、いったんホテルに戻り、午後7時過ぎ、バービカンセンターへ。

20130425-01

ジョン・エリオット・ガーディナー指揮ロンドン交響楽団による特別演奏会。ガーディナーの70歳の誕生日を記念して行われた。採り上げられたのは、ストラヴィンスキーの「ミューズを率いるアポロ」と「オイディプス王」。1920年代後半に新古典主義に基づき作曲された作品である。

20130425-02

筆者の座席は平土間G列21番。G列とはいっても、前3列はせり出したステージにより取り払われており、事実上4列目くらいのかぶりつきの席である。初体験のバービカンセンターは、ドライな音響だが、ステージ上の音が臨場感を保ちながら適度にまとまるので、個人的には好きな部類に入る。音の洪水にならないので、この日のようなオペラ的な作品を鑑賞するには、丁度良い。

20130425-04

この日の筆者は、ガーディナーの存在感に驚かされた。立ち振る舞いは控えめだが、発するオーラが驚くほど強い。世界の名立たるオーケストラに客演し続ける理由が一目で理解できた。

プログラム前半は、「ミューズを率いるアポロ」。作曲者の指定に従い、8、8、6、4、4の合計34名の弦楽合奏により演奏された。

20130425-03

さて、この作品では、ロンドン交響楽団の弦楽器セクションの合奏力の高さが十分に発揮された。絹のベールのようなきめの細かさは健在。奏法や音色のベクトルが揃っているので、安定感は抜群である。加えて、各パートの主体性と自発性が活き活きとした表情に結びつくのが彼らの特長といえようか。ごく稀に荒れた音や外れた音が紛れ込むのが惜しいが、世界のトップレベルの名に恥じない立派なアンサンブルである。今回は、指揮者を囲むように、チェロとヴィオラが配置され、2列目にヴァイオリンが立って並び、舞台中央奥にはコントラバスが控える。この配置の下では、チェロとヴィオラの主体性が強く求められるため、中低弦の音色が明示的に浮かび上がり、鮮やかな音響が生まれる。慣れない配置ゆえ、たまにお見合い状態になる瞬間も見られたが、ストラヴィンスキーの意図は高いレベルで実現されていたのではなかろうか。

なお、演奏の方は、どちらかというと穏やかな空気を尊重しつつ、淡々としっとりと聴かせるアプローチ。バロックの延長線上で捉えていることがわかるが、ロマン的な揺らぎに欠けることはなく、なかなかコクのある演奏であった。ガーディナーの巧みなコントロールで、短めのフレーズがふわっと浮かび上がっていたのが印象的であった。

プログラム後半は、「オイディプス王」。オラトリオ形式による演奏である。モンテヴェルディ合唱団の存在感に圧倒された50分間であった。

20130425-05

この日の舞台では、ステージ上手側前方に合唱団が並んだ。要するに、筆者の眼の前である。男声合唱の響きの輝かしさ、空気を震わす言葉の発し方、出番が来て立ち上がる際の気迫など、驚異的な技術力と表現力の高さを至近距離で目の当たりにし、筆者のボルテージは上がりっ放しであった。

20130425-07

全体の印象としては、極めて格調の高いオラトリオ。後半に向けての劇的高揚も十分。盛り上がっても響きが荒くならないのが素晴らしい。余計な飾りをせず、本質に向けてまっすぐ突き進む姿勢が好印象であった。

20130425-06

ロンドン交響楽団による演奏も安定感があり、一歩下がった立ち位置から合唱と独唱陣を力強くサポートしていた。ガーディナーも相当気合いが入っていた模様で、物静かな風貌ながら、かなり熱いアウフタクトが飛んでいた。演奏会形式ではあったが、一つの舞台として面白く鑑賞することができた。

20130425-08

なお、この日は、演奏中は静寂が保たれ、ほとんどノイズが発生しなかった。カーテンコールでは、クールなロンドンっ子が大興奮であった。今回のような地味なプログラムでも満席に近い集客があること、また、これだけクオリティの高い演奏会が日常的に開催され、そして素直に絶賛されていることは、ロンドンという街の文化的営みの厚さを示すものといえよう。上々の気分で帰路に就いた。

20130425-09


(公演情報)

SIR JOHN ELIOT GARDINER’s 70th BIRTHDAY CONCERT
Thursday 25 April 2013 7.30pm
Barbican Hall

STRAVINSKY Apollon musagete
STRAVINSKY Oedipus Rex

Sir John Eliot Gardiner conductor
Jennifer Johnston Jocaste
Stuart Skelton Oedipus

London Symphony Orchestra
Monteverdi Choir
スポンサーサイト
[2013/05/05 16:02] | 海外視聴記(ロンドン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<欧州行き(13年4月)②―サンティ指揮チューリッヒ歌劇場「ファルスタッフ」① | ホーム | チョン指揮フェニーチェ歌劇場―日本公演2013「オテロ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/186-c3c6cfae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。