ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(13年4月)③―ケイル指揮フランクフルト歌劇場「ローエングリン」
4月27日、午前8時発のICEでチューリッヒからフランクフルトへ。4時間弱の旅程である。この日は朝から雨模様で、フランクフルトはコートが必要なくらいに肌寒かった。正午すぎに、中央駅前のホテルエクセシオールにチェックイン。普通のビジネスホテルだが、値段の割に居心地はよい。ロンドンやチューリッヒに比べると、ドイツのホテルはリーズナブルである。その後、地元客や観光客で賑わうRömer Pils Brunnenで旬のホワイトアスパラガスを食し、いったんホテルに戻る。

午後4時過ぎ、フランクフルト歌劇場へ。ハルトムート・ケイル指揮によるワーグナー「ローエングリン」。2009年5月プレミエの再演である。ベルトラン・ド・ビリーが指揮をできない日の埋め合わせとして、フランクフルト歌劇場のスタッフであるケイルが指揮台に立った。

20130427-01

筆者の座席は、1 Rang Halbmitteの下手側1列目。首を横に向けて舞台を見続けなければならないのがやや辛い。

結論からいうと、この日の上演は、地元のルーティン公演の域を超えない平凡な仕上がりであった。やはり2番手の指揮者が登板すると、それなりの公演に終わってしまう。

そもそもケイルの指揮に関しては、音楽的なベクトルが見えてこなかったのが問題だ。ミクロに見ると、歌手の後をよく追いかけていたが、もう少し流れを前に運んであげないと、弛緩してしまい、緊張感が失われる。とりわけ独唱部分では音楽が完全に停滞してしまっていた。

加えて、オーケストラのコントロールもあまりできていない。全体的に大味で、響きが濁り、フォルテもずっと騒々しく、メリハリが効いていない上に、歌を消してしまっている。朗々としたボリューム感や重厚な響きから、ドイツのオーケストラらしいサウンドが感じられたのがせめてもの救いであったが、手綱の引かれていないオーケストラからは、素材そのものの音色がそのまま飛び出してきており、最優秀オペラハウスの看板を掲げるには、あまりにお粗末な仕上がりであった。

フィナーレの部分で一気にテンポを捲いて、外面的なクライマックスを創出するというのは、中身を伴わない上演時の常套手段ではあるが、本来あるべき姿ではない。

20130427-02

キャスト陣は、なかなか充実していただけに、非常に残念な結果となった。指揮者の責任は重大である。

20130427-03

イェンス・ダニエル・ヘルツォークの演出は、場末の映画館が舞台。読み替えだらけの無茶苦茶なストーリーであり、ゴットフリート少年の登場の仕方といい、ロシアン・ルーレットにより行われるローエングリンとテルラムントの決闘といい、辻褄の合わない部分が多すぎる。演技面では、キャスト陣も合唱も健闘していたが、この演出では、素直には感情移入が出来ない。

20130427-04

というわけで、音楽的にも演出的にも琴線に触れる部分は全くなく、外れを引いた気分で劇場を後にした。


(公演情報)

Musikalische Leitung: Hartmut Keil
Regie: Jens-Daniel Herzog

Heinrich der Vogler: Falk Struckmann
Lohengrin: Michael König
Elsa von Brabant: Camilla Nylund
Friedrich von Telramund: Robert Hayward
Ortrud, seine Gemahlin: Michaela Schuster
Der Heerrufer: Daniel Schmutzhard
Vier brabantische Edle: Constantin Neiconi, Victor Tsevelev, Gerhard Singer, Lars Rößler
Edelknaben: Kallopi Patrona, Christine Brenk, Julia Mattheis, Gunda Boote

Chor und Extrachor der Oper Frankfurt
Frankfurter Opern- und Museumsorchester
スポンサーサイト
[2013/05/06 19:05] | 海外視聴記(フランクフルト) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<欧州行き(13年4月)④―ウィルソン指揮チューリッヒ歌劇場「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 | ホーム | 欧州行き(13年4月)②―サンティ指揮チューリッヒ歌劇場「ファルスタッフ」①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/188-ee61d7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。