ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(13年4月)⑤―サンティ指揮チューリッヒ歌劇場「ファルスタッフ」②
4月28日午後7時過ぎ、再びチューリッヒ歌劇場へ。ネッロ・サンティ指揮によるヴェルディ「ファルスタッフ」二日目。この日は、通常の3分の1の値段で愉しめるAMAG-Volksvorstellungen。1か月前に発売開始となるが、当然のことながら、発売開始から数時間で全てが売り切れ。劇場内は、マエストロ・サンティを敬愛するオペラファンで埋め尽くされ、異様な期待感に包まれていた。マエストロの登場とともに、劇場内から湧き上がったブラボーの嵐は、いつも以上に大きく、おそらく初日の前評判が街中を駆け巡っていたと推察される。

20130428-12

筆者が発売開始当日に何とか確保した座席は、Parkett-Loge 4 Linksの1列目。オーケストラピットから立ち上がる響きの全体像をある程度把握できること、舞台上の歌手からの距離が近いこと、マエストロのタクトをオーケストラ奏者と近い目線で確認できることから、満足度の高い座席ではあるが、音響的には臨場感がやや減衰してしまうのが玉に瑕だ。

20130428-11

この日は、二日目ということもあり、進行にある程度の余裕が生まれていた。オーケストラピット内の和気あいあいとした雰囲気は、実はチューリッヒ歌劇場ならではの特徴の一つである。

演奏面に関しては、ファルスタッフ役のアンブロージョ・マエストリが、初日に比べると、声に疲労感が残っており、万全とはいえない状況。声ではなく、演技でカバーしようという意図が見え隠れしていた。第一幕冒頭で事態を悟ったマエイスリとマエストロ・サンティは、この日の上演の運び方について瞬時に考えを巡らし、心を決めたはずである。振り返ると、マエストリに負担をかけすぎず、音量をセーブしつつ、盛り上げるツボを押さえた上で、劇場内を興奮に導こうというスタンスが一貫していた。音量をセーブした箇所についても、単に音量を落とすのではなく、それを音楽的に高めてしまうマエストロのタクトは、やはり驚異的だ。

20130428-13

初日に比べると、マエストロ・サンティの意図が十分に染み渡りつつあるように見受けられ、マエストロのタクトや表情にもおおらかさが感じられた。いわゆる決め所がマエストロの想う通りにビシッと決まっていたのは初日からの進歩だ。初日に上手く運んだ箇所はあえて流れに任せつつ、初日にいまいちであった箇所はより細かくアウフタクトを出すことにより、メリハリ付けがなされていた。場面転換中もオーケストラ奏者とにこやかに音楽面における意見交換を繰り返すマエストロの姿に、マエストロが本当にマエストロである所以を垣間見た気がした。存在そのものをもって奏者や観衆を虜にするマエストロは、真のマエストロだと思う。

音楽的に物凄い完成度にまで至ったのは、第三幕である。もちろん、第一幕や第二幕も初日の完成度を維持するレベルにあったが、休憩後の第三幕では、マエストロの横顔に本気モードが迸り、圧倒的な名演となった。初日に噛み合わせが悪かったナンネッタによる幻想的な歌唱部分及び「レクイエム」のパロディ部分のテンポ設定がマエストロの意図通りに定まると、音楽的なテンションは一気に高まり、最後のフーガの完成度の高さは涙が出るほどであった。

20130428-14

20130428-16

今回の2回にわたる「ファルスタッフ」を観て、舞台に人生を賭けたマエストロの凄さを改めて認識できた気がした。2013/2014シーズンは、マエストロの指揮では、「ボエーム」と「アンドレア・シェニエ」が予定されている。もちろん両公演ともに何とか仕事を調整の上、チューリッヒに駆けつける覚悟である。マエストロの指揮姿は、本当に勉強になる。ヴェルディを愛するアマチュア音楽家として、今回の印象はキチンと消化し、伝道師として貢献していかねばならぬと心に誓った今回の旅程であった。

20130428-17

翌朝は9時30分発のLH1185便にてフランクフルトへ、そしてNH204便にて羽田へ。連休の中日とあって、この便だけはガラガラだそうだ。ともあれ、定刻に帰国し、そのまま待ち受ける膨大な仕事の山へと立ち向かった。


(公演情報)

Falstaff
Giuseppe Verdi

28 Apr 2013, 19:30

Musikalische Leitung: Nello Santi
Inszenierung: Sven-Eric Bechtolf

Mrs Alice Ford: Elena Moșuc
Nannetta: Sen Guo
Mrs Quickly: Yvonne Naef
Mrs Meg Page: Judith Schmid
Sir John Falstaff: Ambrogio Maestri
Ford: Massimo Cavalletti
Fenton: Javier Camarena
Dr. Caius: Michael Laurenz
Bardolfo: Martin Zysset
Pistola: Dimitri Pkhaladze
Page des Falstaff: MaiFlorian Hoffmann
スポンサーサイト
[2013/05/06 19:17] | 海外視聴記(チューリッヒ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<大野指揮ウィーン交響楽団―来日公演①「ブラームス」 | ホーム | 欧州行き(13年4月)④―ウィルソン指揮チューリッヒ歌劇場「ムツェンスク郡のマクベス夫人」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/190-180b3551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。