ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ハンブルク・ケルン行き(11年9月)③―ヤング指揮ハンブルクフィル
9月25日午前10時半、ホテルを出発し、ライスハレ・ムジークハレへ。

20110925-01

この日は、ハンブルク・フィル(ハンブルク州立歌劇場管弦楽団)による演奏会。バルトーク「管弦楽のための協奏曲」とブラームスのピアノ協奏曲第2番を組み合わせたプログラムだ。

この日の座席は、1.Rang rechts Loge 7の1列目。日本風に言えば、2階バルコニー席の中央付近。ネオバロック様式の建物で、響きはややデッドだが、このタイプのホールらしく、響きに艶がある。音の分離もよく、なかなか良いホールだ。

20110925-02

さて、プログラムの前半は、バルトーク「管弦楽のための協奏曲」。

第一楽章の序奏部は、楽器が重なるにつれて、響きが練り込まれていく。ホールの響きとも相まって、舞台上からは幅の広いベールが浮かび上がってきた。昨日の悪い印象は、この時点で払拭された。主部は、民謡のリズム感を重視した躍動感のある組立てで、重くなりすぎず、聴きやすい。そういえば、バルトークは民族音楽の研究をライフワークにしていたのであった。なお、展開部の最後に登場する金管楽器によるカノンは、セクション間で若干の時差が生ずるなど、やや危なっかしかった。

第二楽章も、しなやかなリズム感や躍動感が感じられる展開。途中に何度か顔を出す低弦による数小節間の合いの手が異様に怖い。中間部の金管楽器による荘厳なコラールでは、小太鼓との対比が見事にはまり、長いフレーズ感が立体的に描かれていた。

第三楽章の冒頭、木管楽器からは、それなりに色彩感が出ていたが、奏者達が譜面にかぶりつきすぎていて、柔軟さに欠けた感じもした。ホールの響きに助けられたのかもしれない。第一楽章の序奏の主題が再帰したあたりから登場する金管楽器の叩きつけるような打ち込みが攻撃的で、雑な印象を受けた。

第四楽章は、ヴィオラに始まる第二主題がとても美しく、印象的であった。しかし、ショスタコーヴィチの交響曲第7番からの引用や、トロンボーンによるグリッサンドなどは、小奇麗にまとめすぎていて、面白みがなかった。

第五楽章は、一気に駆け抜けるアメリカ車のようなで、現代風の若いセンスが前面に出たアプローチ。ノリの良さと派手さという点で、盛り上がることは盛り上がるが、やや安易なようにも思われた。実際、中間部で複雑な対位法が展開される箇所では、勢いだけでは突っ走れないため、音楽的な緊張感が失われかけていた。

20110925-03

ホールの響きの特徴にもよるのかもしれないが、全体を通じ、中低音域に関しては、華があり、しかも内容の詰まった充実のサウンドが生み出されていたが、高音域に関しては、バラける箇所もあった。また、フレーズの動き出しがもっさりしているため、弦楽器の前プルトと後プルトの間で、運弓に時差が生ずる場面も散見される。まあまあの仕上がりという感じだろうか。シモーネ・ヤングは、総じて綺麗にまとめてはいたが、昨日と同様、彼女の棒からは、強い主張のようなものは感じられず、その点でも不満は残った。

20110925-04

さて、後半は、独奏にラルス・フォークトを迎えて、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏。

フォークトの奏でるピアノは、輪郭のはっきりした太めのタッチで、それ自体は良いのだが、裏拍的な音符まで、同様の弾き方で音を詰め込むので、不器用でもっさりした印象。ピアノがテンポをリードする場面が多い第一楽章や第二楽章において、流れが停滞する場面が散見された。加えて、彼が採った第一楽章におけるテンポの伸縮には、一貫性が感じられず、ブラームスらしい構成美は窺われなかった。ミスタッチも多く、興醒めな瞬間が幾度となく訪れた。

他方、第三楽章からは、音楽の流れはオーケストラが主導するため、だいぶ聴きやすくなった。独奏チェロや木管楽器が奏でるメロディーの背後でオブリガート的に奏でる箇所などでは、力みの取れた柔らかいタッチで、幻想的な響きが醸し出されていた。第四楽章は、落ち着きのあるスタートで、全体の見通しも良かった。

なお、フォークトは、無駄なアクションが多い。演奏中は、あまり動かず、鍵盤を叩いているのに、フレーズを弾き終わった後で、取って付けたように、天を仰いだり、オーケストラの方に視線を送ってみたり、オーケストラの演奏に合わせて激しく踊ってみたりと、演奏とはおよそ関係のないオーバーアクションを繰り返す。音楽的に何か意味があるのであれば、まだよいが、筆者が観察した限り、それらのアクションの数々が音楽の流れに何らかの影響を及ぼしていたとは到底思えなかった。反面教師にすべきである。

オーケストラは、後半になって、途端に音色が変わった。これぞブラームスという素直なサウンド。管楽器も、弦楽器も、伸びやかな歌に溢れている。力みがなく、自然体なのがよい。ブラームスの生誕地を本拠とするだけのことはある。ホルンセクションの充実は、特筆物であった。

20110925-05

終演は、午後1時5分。フォークトによるアンコールもあったようだが、これはパスしてホールを出る。徒歩10分ほどで、Dammtor駅に到着。13時40分発の国鉄特急IC2329でケルンへ。


(公演情報)

1. Philharmonisches Konzert
Sonntag 25. September 2011 11:00 Uhr

Dirigent / Simone Young
Klavier / Lars Vogt
Orchester / Philharmoniker Hamburg
スポンサーサイト
[2011/09/30 03:44] | 海外視聴記(ハンブルク) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ハンブルク・ケルン行き(11年9月)④―シュテンツ指揮ギュルツェニッヒ管「千人の交響曲」 | ホーム | ハンブルク・ケルン行き(11年9月)②―ヤング指揮ハンブルク歌劇場「ドン・ジョヴァンニ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/55-a0ff9b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。