ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(11年4月)⑤―スナイダー指揮 ミュンヘンフィル 「幻想交響曲」
4月28日、午前中にブリュッセルの中心街で所用を済ませた後、昼過ぎにLH2289便にてミュンヘンへ。到着機の遅れで30分の遅延。Sバーンで中央駅に向かい、インターシティーホテルにチェックイン。荷物を置いたその足でガスタイク文化センターへ。

blog20110428-01

ガスタイクは、中心部の西側を流れるイーザル川を渡ってすぐの場所にある。
複合文化センターで、敷地内には緑も多く、その立地は、東京文化会館に少し似ているかもしれない。

この日の演目は、当初は、ジンマン/ミュンヘンフィル/ブルックナー7番という非常に刺激的なプログラムだったが、なんとお目当てのジンマンが降板。ニコライ・スナイダーという指揮者が代役を務め、曲目もベルリオーズ/幻想交響曲に変更だという。これだけでもすでにテンションは急降下だが、せっかく来たので諦めて会場内に入る。

blog20110428-02

前半のモーツァルト/ピアノ協奏曲ニ短調KV466では、ソリストであるPitor Anderszewskiは、繊細な響きでそれなりに健闘していたと思われるが、ホールのせいか、本人のタッチの問題かわからないが、音色が単調で、余韻には深みが伴わないし、強奏部分や高音では音色の硬さが耳につく。前日に聴いたネルソン・ペライアには遠く及ばなかった。
オーケストラは対抗配置。ピアノ協奏曲という曲目の性質上、ステージ上では、一列分奥に入った位置に配置されていたが、少なくとも筆者の席で聴いた限りでは、1stヴァイオリン以外の弦楽器の音が飛んでこない上に、中低弦の出だしが遅れて聞こえてくる。

後半の幻想交響曲では、オーケストラの配置が戻ったため、弦楽器のバランスは改善された。しかし、特に弱音部分では停滞が著しい。サウンドトラックを聴かされているかのような錯覚に陥った。

今回の原因は、全て指揮者にあるといわざるを得ない。
代役であるという事情を考慮したとしても、それ以前の問題であると感じた。
そもそも、指揮棒から音楽が全く流れていない。何をやりたいのか全く不明だし、曲に対して共感を持っているのかすらもわからない。楽しそうに棒を振っているだけに見える。それでいて、演奏効果を狙っているのか、フォルテで唐突に棒を叩き下ろすから、オーケストラの音は荒れ、タイミングもずれる。
第五楽章の最後で猛烈な加速を狙ったため、会場はそれなりに沸いたが、筆者の心には空虚さのみが残った。

ミュンヘンフィルは、超一級のオーケストラである。この日は、逆境下ではあったが、少しでもよい演奏会にしようという気概がメンバー全員から伝わってきた。
弦楽器の醸し出す絹のような音色に、木管楽器が輝きを添える。腰の据わった中低音の厚みもいかにもドイツ的である。左右非対称のいびつな形で有名なフィルハーモニーホールだが、このホールの鳴らし方を熟知している。加えて、この日は、幸か不幸か、指揮者が有害無益な存在であったため、幻想交響曲を室内楽のように演奏できてしまうほどの高い実力を兼ね備えていることも確認できた。

2011年/2012年シーズンには、マゼールやメータといった実力派のスター指揮者が続々登場する。バイエルン州立歌劇場とセットで、今一度、週末に訪問することにしたい。

なお、この日の食事は、開演前に、ガスタイク内のGASTでパスタとビールを、また、終演後に、新市庁舎の地下にあるラーツケラーで、牛肉のビール煮とビールを。量が多く、味は普通。もっと美味しいソーセージとビールがあるはずだと思いながら、ホテルに引き上げる。


(公演情報)

Donnerstag, 28. April 2011, 20:00 Uhr

Wolfgang Amadeus Mozart
Konzert für Klavier und Orchester
d-Moll KV 466
Hector Berlioz
"Symphonie fantastique" op. 14

Nikolaj Znaider, Dirigent
Piotr Anderszewski, Klavier
スポンサーサイト
[2011/04/30 22:59] | 海外視聴記(ミュンヘン) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<欧州行き(11年4月)⑥―サンティ指揮 チューリッヒ歌劇場 「仮面舞踏会」 | ホーム | 欧州行き(11年4月)④―フレイエ in ボザール>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/6-0435beb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。