ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
パリ行き(11年10月)③―エルダー指揮パリオペラ座「タンホイザー」
10月9日午前11時前に、ホテルをチェックアウト。なお、このホテルには2泊したが、小さいながらも、よく行き届いていて、受付の対応も感じがよく、値段を考えると、満足度は高かった。
パリ市内は、小雨交じりの曇り空で、気温もぐっと下がってきた。シャルル・ド・ゴール・エトワール駅からメトロに乗り、オルセー美術館に向かうも、入場待ちの長蛇の列を見て、あっさり断念。結局、コンコルド広場からバスティーユ広場に移動し、広場に面したカフェで時間を潰す。

午後2時ころ、オペラ・バスティーユへ。この日は、パリ国立オペラ「タンホイザー」。直前に購入したので、平土間中央25列目の通路に面した補助席のような座席。何とも座り心地が悪い。

20111009-01

20111009-02

オペラ・バスティーユは、3年ぶり2回目だが、改めてその大きさを実感した。ハイテク設備に支えられた近代的な大劇場ゆえ、平土間の25列目でも、舞台はよく見えるし、音響のバランスも適度に整えられている。ただ、これだけの大劇場となると、どんなに音響が優れていたとしても、舞台上で発せられる歌声に関しては、PAをフル活用してかなりの増幅をかけないと聞こえないはずであるし、それに伴って、ピット内のオーケストラに関してもそれ相応の増幅が不可欠となる。実際、舞台上の歌唱に関しては、どちらかというとPAで増強された響きの方が強く感じられるため、臨場感は弱く、舞台との距離を感じた。無論、充実したハイテク設備が創出する舞台空間は、それ自体が非常に刺激的なので、見ていて飽きがこない。オペラ・バスティーユでは、音楽を鑑賞するというよりも、舞台を観るという方に焦点を合わせざるを得ないのかもしれない。

20111009-04

ロバート・カーセンによる演出は、2007年3月の東京オペラの森と同じもの。タンホイザーが画家に置き換えられていた。赤に染まった絵画を官能の世界の象徴として位置づけることにより、全体に統一感をもたらしていた。そもそもなぜ絵画なのか、また、絵筆を上下左右に大きく振りかざすアクションはこの作品の音楽にマッチするのか、といった疑問もないではないが、コンセプトの分かりやすさという意味では、こういう演出もありかなと感じた。奇抜な読み替えではなかったので、十分許容範囲内である。また、オペラ・バスティーユのモダンでスタイリッシュな舞台を十分に活用できていた点でも、印象は良かった。なお、この日の演奏は、ドレスデン版ではなく、パリ版によるもの。

第一幕は、赤く染まったアトリエが舞台であった。ヴェーナス、そしてバッカナールに登場する画家たちが露出度の高い衣装で、エロチックな官能の世界を描き出す。もっとも、エロチックな要素は、第一場のみであったため、目を覆いたくなるような状況には至らなかった。舞台装置は、斜めに立てられた黒い大きなパネルのみで、最初は閉じていたパネルが、第三場になると、中央から二つに分かれ、背後から明るい陽の光が現れるという設定。それ自体は良いアイデアだと感じたが、いかんせん役者達の動きが乏しいため、劇として退屈であった。

これに対し、第二幕は、劇場空間をフル活用した演出であった。他の幕とは異なり、休憩中から幕が開いていて、客席の照明を落とさずに演奏が開始された。

20111009-05

何かが起きそうな予感が走る。冒頭は、エリーザベトやタンホイザーらが平土間後方から客席内を走りながら登場するという設定。エリーザベトやタンホイザーが、舞台上を離れ、オーケストラ・ピットの前やその脇で歌ったことで、ようやく彼らの肉声を聴くことができた。肉声のみであれだけの響きが得られるのであるから、やはりオペラ・バスティーユの音響は優れているといえるのだろう。
有名な大行進曲でも、客席を活用した演出が続く。トランペットのファンファーレは、バルコニー後方から聞こえ、合唱団のメンバーは平土間後方から続々と登場。今もパリのどこかで行われていそうな現代版のパーティーをイメージさせる演出は、非常に華やかだ。歌合戦の参加者らと共に、多くの取材カメラマンらが登場し、フラッシュを光らせる。
その是非はともあれ、エンタテイメントとしては、効果満点の演出であった。

第三幕は、全体の構成は第一幕と同様で、ヴェーナスとタンホイザーのペアが、エリーザベトとヴォルフラムのペアに変わったという設定。エリーザベト役のニーナ・シュテンメの歌唱は、迫るものがあったが、巡礼の合唱は、第一幕と同様、きめが粗く、いまいちな仕上がり。
続く第二場ないし第三場は、タンホイザー役のクリストファー・ヴェントリスの歌唱にそれほど深みがなく、また、ヴォルフラム役のステファン・ドゥグーもこじんまりとまとまっていたため、冗長な印象であった。
ヴェーナス登場後は、舞台上にもよい流れが出てきた。なお、巡礼者たちの合唱の直前は、エリーザベトとヴェーナスが二人並んでタンホイザーと対峙するという設定になっていたが、その演出的意図はよくわからなかった。また、救済の実現が高らかに歌い上げられる幕切れも、あまりに楽観的で、もう少し含みがあってもよかった気がした。

20111009-06

前述したが、キャスト陣の中では、やはりエリーザベト役のニーナ・シュテンメが、深い表現力と適度な存在感で、特に素晴らしかった。その他も、概ねバランスは良かったが、タンホイザー役のクリストファー・ヴェントリスが、よく歌ってはいるものの、一本調子気味であったことと、また、ヴォルフラム役のステファン・ドゥグーの存在感が薄かったことから、全体としては、まずまずといったところ。

パリ・オペラ座管弦楽団は、厚ぼったくならず、色彩感を伴ったキレイで健康的な音色で、それなりにまとまってはいたが、ただの音の羅列のようにも聞こえ、音楽的にワクワクする瞬間は一度もなかった。終始冷静で、高揚感が全く感じられない。また、集中力が続かなかったためか、和声が定まらなかったり、難所で綻びが見られたりと、惜しい箇所も散見された。オーケストラがもう少し熱くなる瞬間があれば、この日の公演の印象も、より良いものになったのではないかと感じた。

20111009-03

この日の公演は、一つのエンタテイメントとしては、成功の部類に入ると思われる。筆者の好みではないが、娯楽としてのオペラというスタンスも一つのあり方といえるだろう。終演後のカーテンコールは、非常に盛り上がっていた。

終演後は、パリ北駅近くのマクドナルドで時間を潰し、午後10時発のタリスでブリュッセルに帰る。


(公演情報)

TANNHÄUSER
RICHARD WAGNER
Opéra Bastille
09 Oct 2011 at 14:30

Sir Mark Elder Conductor
Robert Carsen Stage director

Christof Fischesser Hermann
Christopher Ventris Tannhäuser
Stéphane Degout Wolfram von Eschenbach
Stanislas De Barbeyrac Walther von der Vogelweide
Tomasz Konieczny Biterolf
Eric Huchet Heinrich der Schreiber
Wojtek Smilek Reinmar von Zweter
Nina Stemme Elisabeth
Sophie Koch Venus

Paris Opera Orchestra and Chorus
Maîtrise des Hauts-de-Seine/Paris Opera Children'S Chorus
スポンサーサイト
[2011/10/10 04:23] | 海外視聴記(パリ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<リヨン行き(11年10月)①―大野指揮リヨン国立歌劇場管弦楽団 | ホーム | パリ行き(11年10月)②―アバド指揮ルツェルン祝祭管>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/61-3b3d0bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。