ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
チューリッヒ行き(11年10月)①―CityNightLine乗車
10月27日午後6時半、オフィスを出てブリュッセル南駅へ。午後7時28分発のタリスでケルンに向かう。午後9時35分、予定より20分遅れでケルン中央駅に到着。列車乗継の空き時間を利用し、キッコーマングループが経営する鉄板焼レストラン「大都会」へ。いろりスペシャルと称されるコースを頂いた。

まずは、欧州産の素材を上手に組み合わせたラインナップに感心させられる。味はドイツ人にも受け入れやすいバター醤油味が中心で、悪くはない。店自体は結構な大箱だが、各テーブルに鉄板が置かれており、担当のコックが眼の前で調理するというやり方は、欧州では斬新に映るだろう。スタッフ全員が日本人であり、接客の手法のみならず、焼き加減や鉄板の手入れに至るまで、日本人らしい真剣かつ細やかな姿勢が徹底されている。こういう姿を見ると、日本人として嬉しくなるのは気のせいだろうか。

午後11時45分、ケルン中央駅へ。乗車予定のシティナイトライン、CNL40419は、20分遅れで到着し、出発は、日付が変わった午前0時5分。今回も、1等個室のシングルユースを利用したが、その居心地のよさはなかなかなものである。

20111027-01

ケルンを出発すると、列車は、ボン、コブレンツ、フランクフルトを経由する。車窓には、市街地と平原が交互に現れる。いかにもドイツらしい整った街並みや、ライン川沿いに眺める夜空に浮かぶオリオン座などの星座群を眺めつつ、しばし幻想的な世界に浸ることができた。前回乗車したパリ発よりも変化に富んでいる点でより楽しみが多い気がした。

20111027-02

フランクフルトに到着したあたりで深い眠りについていた模様。午前7時前、バーゼルに到着し、ようやく目が覚めた。夏時間終了間際のこの時期の日の出は、午前8時前後。周囲はまだ暗い。徐々に明るくなる窓の外を眺めつつ、夜行列車の余韻を楽しむ。バーデンを過ぎ、朝食が運ばれた。

午前8時45分、終着駅であるチューリッヒ中央駅に到着。

20111027-03

宿泊先であるホテル・アドラーへ向かう。幸いにも部屋がすぐに準備できるとのことで、午前9時半にチェックインできた。このホテルの1階には、地元でも評判のレストラン、スイス・クッチ(Swiss Chuchi)があり、ここでの食事を目的にこのホテルを予約したが、必要十分な広さのあるシングルルームは、清潔でかつ快適で、スタッフの対応もトップレベルであった。チューリッヒでの定宿に確定である。

筆者は、いわゆる鉄道マニアではないが、多少の疲労感は残るものの、シティナイトラインには、旅人を虜にする不思議な魅力がある。年末までにもう一度くらいは乗車しておきたいという想いを捨てきれないまま、2泊3日のチューリッヒ滞在がスタートした。
スポンサーサイト
[2011/11/01 08:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<チューリッヒ行き(11年10月)②―サンティ指揮チューリッヒ歌劇場「ドン・パスクワーレ」 | ホーム | ウィーン行き(11年10月)③―アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mashi1978.blog97.fc2.com/tb.php/69-024553e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。