ましましの音楽日記
G.ヴェルディの作品をこよなく愛するオペラ愛好家による音楽日記です。筆者が鑑賞した海外でのオペラやコンサートの模様や、筆者自身が日頃行っている音楽活動などについて、不定期に綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
欧州行き(12年11月)⑥―ムーティ指揮ローマ歌劇場「シモンボッカネグラ」
11月26日、ブリュッセルに移動。国際会議への出席等の所用を済ませる。昨年お世話になった上司や仲間、そして繰り返し足を運んだレストランのシェフやマスターから、温かい歓待を受ける。当時、毎週訪れていたマルシェのお肉屋さん、チーズ屋さん、ワイン屋さんのスタッフも、筆者を見つけるや否や、笑顔で声をかけてきてくれた。約1年ぶりのブリュッセルの街は相変わらずではあるが、このカオスな雰囲気が筆者にとっては心の落ち着く場所として胸に刻まれていることを今回の再訪で実感した。

11月29日早朝、SN3175便にてブリュッセルからローマへ。前の晩に深酒をしたため、若干辛い。ローマ・テルミニ駅に到着後、すぐに宿泊先であるHotel Demetraへ。このホテルは、4つ星にしては簡素だが、部屋は小奇麗にまとまっていて、受付の対応もよい。オペラ座から徒歩1分という立地を考えると合格点。

チェックイン後、しばし仮眠をとり、午後1時すぎに、昼食のため、5月にも来訪したダ・オイオ・ア・カーザ・ミア(Da Oio a Casa Mia)へ。トンナレッリとコーダ・アッラ・ヴァッチナーラを食す。ローマの街の雰囲気をそのまま伝えるような威勢のよさは、相変わらずだ。料理も安定感がある。食後はすぐにホテルに戻り、夕方まで仮眠。

午後7時半すぎ、オペラ座へ。リッカルド・ムーティ指揮ローマ歌劇場によるヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」。2日前にプレミエを迎えたばかりの2012/2013シーズン開幕演目である。噂に違わず、とてつもない名演であった。感動という言葉では到底表現しきれない奇跡の一夜であった。

20121128-01

筆者が発売初日にインターネットで確保した座席は、前回の訪問時にも座ったBalconata di 1a Filaの1列目下手側。音響的に若干遠さを感じるが、舞台全体をほぼ正面から捉えるとともに、オーケストラピットを見渡すことができ、何よりもムーティのタクトにより劇場全体の空気がどのように動いているのかを客観的に把握するには丁度よい。

20121128-02

「シモン・ボッカネグラ」は、作曲されたのは1857年、ヴェルディが43歳という円熟期の作品であるが、初演から24年後に大幅な改訂が施された。そのため、歌唱のベースはベルカントそのものであるが、管弦楽の手法には「アイーダ」や「レクイエム」に通ずる深遠さが色濃く反映されている。そのため、演奏にあたっては、そのバランスをどのように図るかが実に難しい課題となる。また、物語の内容も渋く、政治的な背景や人間関係が複雑に入り組んでいるため、各場面の立ち位置をシンプルに示すには、イタリアの歴史に対する相当の知見が求められる。

20121128-05

「シモン・ボッカネグラ」は、筆者自身も非常に魅力を感じている作品の一つで、これまで多くの上演や収録に接してきたが、一度たりとも完全に満足できたことはなかった。というのも、筆者が知る「シモン・ボッカネグラ」の上演では、管弦楽の雄弁さが際立ってしまっていたり、ベルカントの様式を超えた豊潤さがリズム感や拍子感や旋律のしなやかさを犠牲にしてしまっていたり、内容面での意思や主張の弱さに萎えてしまったり、場面転換の多さゆえにプロローグから第三幕までに至る一貫性が感じられなかったり、場面や心情の微妙な移ろいを暗示する移行部分の継接ぎ感が露呈してしまったりというように、オビに短しタスキに長しの座りの悪さが露呈してしまい、筆者自身がこの作品に潜在すると信じて疑わない結集力がうまく発揮されず仕舞のものばかりであったからだ。

しかし、今回のムーティによる上演は、「シモン・ボッカネグラ」の上演史を完全に塗り替えた偉業といっても過言ではない。筆者がこれまで感じてきた違和感や不満を一掃するのみならず、それを遥かに超える深い洞察と信念をもって、この作品の素晴らしさを率直かつ直截に語ってくれた。

20121128-04

今回の旅程では、2日後に再度平土間席で鑑賞予定のため、この日は、舞台上には意識を向けず、純粋に音楽を聴くことに専念した。そうすると、スコア上の記載の一つひとつが力強い輝きを放ちながら訴えかけてくることに気付かされる。

全体としては、物静かな語り口であり、響きはむしろライトで明るい。フレーズ末尾に現れた究極のピアニッシモの数々は、作品全体を支配する登場人物らの心痛な表情を反映しての結果といえよう。ムーティのタクトは、出演者、そして観客に対し、いつもにも増して弱音のニュアンスへの集中を求めるものであった。

爆音で弾き散らかされてしまうことの多い強奏部も、音量的にはかなり抑制が効いており、音楽的な彫りの深さが現出するのが秀逸。音の粒や輪郭は、楷書体でピリッと引き立っているから立派である。

かと思うと、政治闘争を背景とした暴動やシモンの演説、パオロの告発といった象徴的な場面では、金管楽器の強烈な音が恐ろしく鳴り響く。ヴェルディの作品において、これほど重い響きを聴いたのは、初めてである。

この作品のもう一つのテーマである父と娘の情愛における感動的な響きの拡がりも印象的であった。アメーリアの存在を必要以上に美化しないアプローチもよく考えられている。ポイントを厳選した上で、前へ前へと掘り下げてゆく息の深いカンタービレは、飾り物ではない歌心の反映であり、心にグッと迫ってきた。

ムーティは、言葉を発することなく、音楽の力により演説を行い、何らかの問題提起を試みていたと思われる。「平和を!」という声が何と説得的に響くことだろうか。「対立」が「和解」へと転ずるというこの作品のテーマがこれほどまでに有意に語られたことはおそらくなかったはずだ。シモンが静かに息絶える場面の厳かさは、全ての完結を示唆するもので、心に静かに染み渡る感動的な響きであった。

20121128-06

今回の上演では、妥協の一切ない徹底したリハーサルの痕跡が窺われる。70歳を超えて初めてこの作品を採り上げたムーティの意気込みの強さの表れといえよう。キャスト陣の配役のバランスも理想的だ。ムーティの目指す世界を表現するには、スター選手を集めて一期一会による舞台を創るよりも、実直に妥協なく準備を重ね、出演者全員が完全に作品を消化した上で上演できる環境が必要なのであろう。今のムーティにとって、ローマ歌劇場がその場として最適な環境であることは間違いない。

20121128-03

ローマ歌劇場の唯一の問題点は、客席からノイズやフラッシュが発生する場面が少なくないこと。ムーティのあの姿を目の当たりにしたら、襟を正して鑑賞する以外にないと思うのだが。ともあれ、カーテンコールは「ブラボー!マエストロ!」の一色であった。

終演後はホテルに直帰。興奮してしばらく寝付けなかった。再度スコアを見直し、2日後に備えたい。


(公演情報)

Simon Boccanegra
Musica di Giuseppe Verdi

Teatro dell'Opera
Giovedì, 29 Novembre, ore 20.00
Nuovo allestimento

Direttore - Riccardo Muti
Regia - Adrian Noble

Simon Boccanegra - George Petean
Maria Boccanegra (Amelia) - Maria Agresta
Jacopo Fiesco - Dmitry Beloselskiy
Gabriele Adorno - Francesco Meli
Paolo Albiani - Quinn Kelsey
Pietro - Riccardo Zanellato
Un Capitano dei balestrieri - Saverio Fiore
Un’ancella di Amelia - Simge Bűyűkedes

ORCHESTRA E CORO DEL TEATRO DELL’OPERA
[2012/12/02 17:44] | 海外視聴記(ローマ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
欧州行き(12年5月)③―ムーティ指揮ローマ歌劇場「アッティラ」
5月25日午前4時に起床。昨夜の大失態が尾を引いたためか、一晩中悪夢にうなされ、何度も目を覚ましてしまった。午前4時半、ホテルをチェックアウトし、チューリッヒ空港へ。そして、HG8499便とHG8466便でウィーン経由でローマ・フィウミチーノ空港へ。レオナルド・エキスプレスでテルミニ駅に向かう。昨年7月に交通ストに巻き込まれて以来のローマ滞在。市内は観光客で溢れかえっている。

正午前に宿泊先のホテルに到着。この日の宿泊は、テルミニ駅の隣のレプブリカ駅から徒歩数分に位置するホテル・マイアミ。ローマ中心部のホテルは、どこも観光地価格だが、このホテルは、3つ星ながら、必要な設備は整っており、値段相応。ローマ歌劇場から徒歩数分という立地もよい。なお、朝食のクオリティが低かったのが残念である。

せっかくローマに来たので、少しは観光をすべく、とりあえずフェロ・ロマーノへ。主要なスポットを一通り散策するも、最高気温28度の夏日ゆえ、小一時間でやる気を失い、退散。メトロで2駅先のピラミデ駅から徒歩10分程度のトラットリア、ダ・オイオ・ア・カーザ・ミアへ。ガイドブックにも掲載されている有名店だが、地元の客が多く、観光地ズレした雰囲気はない。男勝りなサービスもローマならではといえようか。イタリアのローカルビールで喉の渇きを癒した後、モツァレッラ、カルボナーラ、トリッパを注文し、ハウスワインの赤と合わせる。キリッと軽いビールを飲むと、イタリアに来たという実感が湧いてくる。注文した皿の中では、トリッパが抜群だった。旨みの詰まったトマトソースに、柔らかくてボリュームのあるハチノスが絶妙に絡み合う。ハウスワインも美味。お値段も超手頃で、ローマ料理の王道を満喫できた。

ホテルに戻り、アラームを万全の状態でセットし、しばし仮眠。今回は、アラームの鳴る少し前に自力で目覚めることができた。

午後8時前、ローマ歌劇場へ。リッカルド・ムーティ指揮によるヴェルディ「アッティラ」。今シーズンの話題のプレミエで、この日が初日。劇場内は、着飾った上流階級風の人々と地元のファンと観光客と報道陣とが混じり合う不思議なムード。観客のマナーはあまり良いとはいえず、開演後もしばらくは物音が絶えなかった。

20120525-01

筆者の座席は、バルコニー中央下手側の1列目。想定よりも屋根が多く被るポジションであったため、身を乗り出さないと、良好な音響が確保できないのが難点といえる。

20120525-03

この日の上演は、王者ムーティ、ここにあり、という一言に尽きる。ムーティの背中が発するオーラが観客にフライング拍手をする暇すら与えない。劇場全体が巨匠の指揮にコントロールされていた。

20120525-04

「アッティラ」は、ヴェルディが32歳の年に初演された第9作目のオペラで、「ナブッコ」に代表される「愛国的オペラ」から、「マクベス」以降に見られる「人間ドラマ」への移行期にあたる。書法の点で熟していない箇所も散見されるが、ムーティは、「アッティラ」という作品を、高い次元で再構成し、力強い音楽の爆発と中期以降の作品に通ずる深遠さとの両面を、巨大なスケールで打ち出した。いわゆるブンチャッチャの範疇を超えるものではないという世間的な評価を根底から覆す強烈な上演であったといえる。

ムーティの一貫したスタイルではあるが、イタリア風の明るい音色で全体の響きを柔らかく束ね、和声を脈々とつなげるアプローチは、この日も如何なく発揮され、この作品におけるオーケストレーションの弱さを全く感じさせなかった。内声部を太く鳴らすことにより、響きの薄さを補完していたのも特徴的。もちろんアレグロにおける若々しい推進力も素晴らしく、歌手やオーケストラに弛緩する暇を一切与えず、ぐいぐいと前へ引っ張る。厳選された数か所のポイントで、弦楽器に叩きつけるようなアクセントを要求し、これが絶大な効果を上げていた。

20120525-05

前奏曲からプロローグの前半までは、今思うと、だいぶ抑制が効いていた。しかし、音楽的な安定感は抜群で、ドラマの始まりを期待させる適度な高揚感が演出されていた。

プロローグ第二場は、「愛国的オペラ」としての「アッティラ」の一つの見せ場である。フルートの三連符の上昇音型とヴァイオリンの刻みが澄み切ったピアニシモで提示されると、息の長いクレッシェンドによりエネルギーが充電されてゆく。「レクイエム」における「怒りの日」の情景を連想させる場面だが、音楽的な充実はまさにそれに匹敵するものであった。熱狂的な愛国心が高らかに歌われる後半では、ムーティは、合唱が入る数小節前で、毅然とした姿勢でスッと立ち上がり、十分にポテンシャルを高めた後、2拍前のアウフタクトで手綱を解放し、雄大なスペクタルを導き出す。テンポを弛緩させることなくこのスケール感を演出できるのは、さすがである。

第一幕第一場のオダベッラのロマンツァでは、プロローグのカヴァティーナで見られた表情の硬さが姿を消し、オダベッラ役のタチアナ・セルジャンにより、戦死した父と行方の分からぬ恋人フォレストを偲ぶ悲痛な想いが切々と歌われた。最高音で音程が詰まり気味になってしまった点を除くと、ほぼ完璧の仕上がりで、感動が心に沁み渡るようであった。他方、フォレスト役のジャン・フランソワ・ボラスは、役不足。ローマ歌劇場の広い空間を響かせるには、パワーが足りていない。テンポ感もやや伸び気味であったため、ムーティが立ち上がって合図を出す場面が散見された。

第一幕第二場冒頭の老人の言葉の動機は、アッティラの運命を暗示するという意味で、この作品において鍵を握るが、弦楽器の不気味な低音のトレモロに続いて示されたこの動機では、sotto voceが極限まで試され、水墨画のような淡い響きの移ろいが、かえって異様な緊迫感をもって劇場内を包み込む。強奏で繰り返される際の威厳のある響きとの対照も見事。ちなみに、いわゆるブンチャッチャが最初に爆発したのは、第一幕第二場のアッティラのアリア。ここに至るまでにも、ブンチャッチャは何度も登場したが、やや控え目で柔らかな印象であった。しかし、アッティラがローマ征服の決意を歌う場面の前奏では、突如としてエネルギーを爆発させ、これが驚くほどの劇的効果を生み出した。そして、音楽的緊張が一気に高まり、フィナーレへ。充実のクライマックスが構築される。幕切れのアンサンブルは、書法の点で弱さが指摘される部分だが、この日の上演はそういった懸念を感じさせることの全くない圧倒的なフィナーレであった。

20120525-02

休憩を挟み、第二幕へ。気合い全開のムーティの独壇場である。この作品は、第二幕以降の筋書きが分かりにくいという欠点を持つが、そんなことは物ともせず、強い説得力を持って観客に迫る。第三幕冒頭でフォレストの苦悩が深遠かつ格調高く描かれると、舞台は作品全体のフィナーレへ。圧倒的であった。久々に胸が熱くなる体験をした。

20120525-07

キャスト陣の中では、アッティラ役のイルダル・アブドラザコフが威厳のある勇将に相応しい歌唱で存在感を示した。オダベッラ役のセルジャンも好演。エツィオ役のニコラ・アライモは、見せ場は決めたが、全体としてはやや押し出し不足。フォレスト役のボラスは、前述のとおり、線が細すぎた。キャスト陣全体としては、ローマ歌劇場の空間を満たすには、もうひと頑張り必要だったように感じた。

オーケストラと合唱は、イタリアの王道を行く演奏。この日の空のようにスカッと晴れたローマの太陽に通ずるものがある。ドイツ系のように重くなることもなく、フランス系のように妙な洒落っ気が追加されるわけでもない。荘厳な金管セクションもアメリカ系のようにやかましくない。やはりイタリアはイタリアである。ミラノ・スカラ座ほどのパワーはないが、周到かつ十分なリハーサルを経て、ムーティの世界観を素直に表現するという観点からは、むしろ理想的といえよう。

20120525-06

ピエール・ルイジ・ピッツィによる演出は、オーソドックスだが、舞台セットや色使いにモダンなセンスが光る。音楽を全く邪魔しないあたりに見識の高さを感じさせるし、簡にして要を得たアプローチは、ムーティの描く世界とベストマッチであった。

カーテンコールは、熱狂的な拍手と歓声に包まれた。ムーティも大満足の様子。自信が窺われた。

20120525-08

ムーティが定期的に客演するようになってから、ローマ歌劇場は快進撃を続けている。現在、ヴェルディのグランドオペラの上演に関しては、このコンビを置いて、右に出る者はいないと言っても過言ではないだろう。なお、つい先日入手した情報によると、マエストロ・ムーティは、2013年のヴェルディ生誕200年に、ローマ歌劇場で「シモン・ボッカネグラ」、「二人のフォスカリ」、「ナブッコ」を上演するらしい。2013年春には、ネッロ・サンティ指揮によるチューリッヒ歌劇場の「ファルスタッフ」もある。筆者の来年の手帳にローマ3往復とチューリッヒ1往復の予定が書きこまれてしまった。


(公演情報)

ATTILA
Musica di Giuseppe Verdi

Teatro dell'Opera
Venerdì, 25 Maggio, ore 20.30

Direttore : Riccardo Muti
Regia, scene e costumi: Pier Luigi Pizzi

Interpreti
Attila: Ildar Abdrazakov
Ezio: Nicola Alaimo
Odabella: Tatiana Serjan
Foresto: Jean-François Borras
Uldino: Antonello Ceron
Leone: Luca Dall’Amico

ORCHESTRA E CORO DEL TEATRO DELL’OPERA
[2012/05/28 15:49] | 海外視聴記(ローマ) | トラックバック(0) | コメント(1) |
ローマ・マチェラータ行き(11年7月)①―カラカラ浴場「トスカ」
7月21日早朝、SN3175便にてローマ・フィウミチーノ空港へ。この日は、ベルギーの建国記念日ゆえ、祝日である。
正午前にホテルにチェックイン。この日は、コロッセオから近いメルキュールデルタコロッセオに宿を取った。カラカラ浴場からも徒歩で帰ることが可能な立地である。

街中には、古代ローマの面影や、歴史的建造物が並んでいて、町歩きをするだけでも楽しい。今回は、初めてのローマ、しかも一泊のみの予定であるため、コロッセオ前→フォロ・ロマーノ→ヴェネツィア広場→サンタンジェロ城→トレヴィの泉という定石コースを歩いてみることにした。
なお、このルートの中では、サンタンジェロ城だけは若干離れているが、「トスカ」の舞台ともなった地は、イタリアオペラに関わる者としては、避けては通れない。テラス席で、トスカが飛び降りるシーンを思い浮かべながら、カンパリソーダを一杯。

町歩きの途上、La Taverna dei Fori Imperialiで昼食を。注文したのは、自家製太麺パスタ(ベーコン、ズッキーニ、チーズ)と、豚肉のローマ風フリットに、赤ワインのハーフボトル。味は中の上。口コミでは相当上位にランクインしており、店内は観光客でかなり混雑していたものの、実際は、感動はないが、値段も考えると悪くもないというレベル。結局、外国人観光客の扱いに慣れているという点が高評価を得ている理由なのだろうと納得した。

夕方7時過ぎに、アッレ・カッレッテというピッツェリアで夕食を。カプレーゼは平凡だったが、ピッツァはモルトベーネであった。釜で焼くローマ風薄焼きピッツァは美味い。また、ハウスワインも安価ながら美味い。時間があれば、長居したいところだが、次の予定があるので、30分余りで店を後にする。

気持ちよく酔ったところで、カラカラ浴場へ。この日の演目は、プッチーニ「トスカ」。ローマが舞台となり、ローマで初演された。この作品こそローマで聴くべき作品といえる。

20110721-01

この日の座席は、6列目の下手側ブロックの中央。2ndカテゴリーだが、この距離感で鑑賞できるのであれば、1stカテゴリーである必要性は全くない。もう一つランクを落とすと、端っこか、後方座席になってしまうため、2ndカテゴリーで、今回の座席辺りを狙うのがよいと思われる。

20110721-02

カラカラ浴場をバックにステージが組まれてはいるが、実際は、オープンスペースに、ステージとオーケストラピットと座席を設置したのと同じ。それゆえ、歌手は全てピンマイク付きで、オーケストラも全てマイクで拾ったスピーカー音源という、いわゆる野外オペラである。
したがって、音響的には、ライブ感はゼロに等しく、楽器を演奏する者としてはもどかしさを感じざるを得ない。PAの印象が薄かったヴェローナの音響の良さを痛感した。

20110721-03

この日の演奏は、今シーズンの「トスカ」の初日であり、しかもカメラが入っていたというのもあるかもしれない(なお、後に聞いた話によると、カメラが入っていたのは演出の一環であり、今回のプロダクションは、テレビ収録中という設定の下でのプランニングであったようである。)が、全体的に表情が堅く、卒無くまとめたという印象。要するに、つまらない。

キャスト陣は、台本に書かれたことはキチンと行っているが、それを超えて訴えかけてくる何かがない。「トスカ」の場合、三役の比重が高いがゆえに、これらを演ずる者の個性が問われる。残念ながら、この日の三役であるチッラ・ボロス、チアゴ・アランカム、カルロ・グエルフィからは、そのような個性は感じられなかった。有名なアリア三曲も平凡な仕上がりで、涙腺が緩むには至らなかった。

指揮者のアッシャー・フィッシュも、無難にまとめすぎていて、プッチーニの書いた音楽の鮮烈さは全く伝わってこない。野外オペラゆえ、劇場で感じる緊張感のあるピアニシモを期待するのは無理にしても、カンタービレはもっとオーケストラを主役にして自由に歌わせても良かったのではないだろうか。イタリアらしい伸びのあるカンタービレは、一度も聞くことが出来なかった。前回にドレスデンで聞いた「タンホイザー」がよかっただけに、がっかりである。

アルノー・ベルナールによる演出も、カラカラ浴場という大舞台を活かせていない(後に聞いた情報に基づき、改めて考え直してみると、そもそもカラカラ浴場の舞台でテレビ収録という設定にする意味が不明であり、トスカという作品に照らしても、少なくとも筆者には理解できるものではなかった。)。
第一幕と第二幕は、舞台が室内ゆえ、野外オペラに向いていないともいえるが、あのような陳腐なパネルだけでは、野外オペラの魅力は相当減殺されるだろう。しかも、舞台裏が丸見えのため、舞台裏の打ち合わせのような見たくないシーンも自ずと見えてしまう(後に聞いた情報を踏まえると、これはあえて見せていたということになるだろう。)。勉強にはなったが、純粋なオペラ鑑賞という観点からは、興ざめな瞬間が多かった。
とりわけ不満なのは、第二幕のマーリオに対する拷問の場面。舞台の上手側の端に拷問の場所が設置され、そこで実際にマーリオに対して拷問がなされるのだが、拷問をかける役人の仕草が余りに柔なため、作品の持つインパクトはほとんど伝わってこない。このシーンは、舞台裏で行い、あえて現場を見せないようにした方が、観客のインスピレーションが働いてよいのだろうと思った。

20110721-04

20110721-05

20110721-06

20110721-07

20110721-08

20110721-09

「トスカ」という作品には、カンタービレやピアニシモの瞬間が絶妙に織り込まれている。「ボエーム」と比べても、その成熟度は段違いと思われる。こういう作品は、劇場という閉鎖空間で愉しむ方が望ましいのだろう。第二幕の幕切れの静寂や、イタリア的なヴァイオリンのG線のカンタービレを、イタリアのオペラハウスで体験したいという気持ちが高まる中、この日の上演はあっけなく閉幕となった。

20110721-10

終演後は、ホテルまで徒歩で。公共の交通機関がほぼ終了している以上、徒歩以外には手段はない。15分程でホテルに到着した。その後、この感想を記して就寝。


(公演情報)

TERME DI CARACALLA

TOSCA
Musica di Giacomo Puccini
Opera in tre atti
Libretto di Giuseppe Giacosa e Luigi Illica
tratto dal dramma omonimo di Victorien Sardou
Prima rappresentazione giovedì, 21 luglio, ore 21.00

Direttore / Asher Fisch
Regia / Arnaud Bernard
Floria Tosca / Csilla Boross
Mario Cavaradossi / Thiago Arancam
Barone Scarpia / Carlo Guelfi
Angelotti / Alessandro Spina
Sagrestano / Giorgio Gatti
Spoletta / Mario Bolognesi
Sciarrone / Antonio Taschini
Carceriere / Fabio Tinalli
Un pastorello / Marta Pacifici

ORCHESTRA E CORO DEL TEATRO DELL'OPERA
[2011/07/25 20:07] | 海外視聴記(ローマ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ
プロフィール

mashi1978

Author:mashi1978
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。